ニュートロ(開港場)- ONE DAY -

ONE DAY
(月尾島、開港路)
月見海列車
西海岸の美しい夕日が一望できる月尾海列車は、国内最長の都心型観光モノレールで、総運行距離6.1km、平均時速9kmの速度で月尾島を一周するのに約42分ほど所有します。月尾海列車8景のうちの1景であるSilo壁画は円筒形の大型穀物貯蔵庫であるSiloに専門家22人が約100日間86万5400Lのペンキを用いて壁画を描いたものです。 外壁に刻まれた壁画は、世界最大の野外壁画としてギネスブックに登録されており、ドイツのiF(アイエフ)デザインアワード本賞も受賞した仁川が誇る作品の一つです。
月尾公園
月尾山は仁川上陸作戦の激戦地として半世紀の間一般人の出入りが統制され、自然の森と野生動物の憩いの場になった場所であり、2001年に散策路を作って月尾公園として新しく生まれ変わりました。 月尾公園の頂上に行くと月尾公園展望台があり、ここは歩いて登ることも可能ですがアザラシシャトルカーを利用し登ることもできます。 展望台に上がると仁川市内をはじめ、仁川港と西海岸の夕日など仁川の美しい眺めを一望することができます。 また、朝鮮時代の代表的な庭園様式を再現した韓国伝統庭園と、アメリカ移民100周年を迎え、韓国人の移民たちが海外で見せた開拓者的な暮らしを称えその足跡を後世に伝えるために建てられた韓国移民史博物館もあります。
月尾島文化通り
月尾文化通りは仁川大橋と西海の景観を活かした休憩スペースおよび文化イベント空間で、レジャー、グルメ、観光スポットすべてが用意されています。月尾文化通り一帯には観覧車、バイキング、ディスコパンパンなどの様々なアトラクションだけでなく、海の風景とともに食事やコーヒーを楽しむことができるレストランやカフェもあります。また美しい仁川の海と様々なオブジェを見て楽しめる通りです。
月尾遊覧船
月尾島遊覧船は1時間20分の間に月尾島を出港し、永宗島、永宗大橋を通り、アラペッキル閘門を回航してまた月尾に入港します。 遊覧船に乗って美しい仁川の海が見られるだけでなく、船上ではロシアバレエ公演,サーカス,ライブ,国楽公演など様々なイベントが用意されており、毎週土曜日には船上花火クルーズが出航し夜の海で華やかな花火を楽しむことができます。
*入場料 :
大人-18,000ウォン, 子ども-10,000ウォン
船上花火クルーズ 大人-30,000ウォン, 子ども-20,000ウォン
月尾遊園地(マイランド)
マイランドは仁川の海を見ながらアトラクションに乗ることができる遊園地で、老若男女問わず楽しめる場所です。大型遊園地のように大きくはありませんが、アトラクションから出る光とロマンチックな夜の海を見れるだけではなく、近くにいろいろなレストランもあるため、バラエティー豊富に楽しめる遊園地です。
月尾島灯台道 (夕日観賞など)
月尾島灯台は、9mとこぢんまりとした大きさで、その名にもあるように仁川港閘門の北側から月尾島の沖合に向かって緑色の灯りを灯し、仁川港を行き来する船舶の手助けをしています。 そしてその灯台に向かっている月尾島灯台道では木でできた散策路に沿って仁川の歴史資料が展示されており、ゆっくり散歩しながら歴史資料を読んでいると海洋都市仁川の歴史が一目で学ぶことができます。 また広々とした西海と幻想的な夕日を観賞することもできます。