仁川ヒーリング旅行 - MORE THAN 2DAYS -

MORE THAN 2DAYS
仁川の島と海を体験するアクティビティ旅行
バックパッキングキャンプ
徳積島、伊作島、昇鳳島、紫月島、掘業島
徳積島
徳積島(トクジョクド)は掘業島(クロプド)と共に、キャンプとバックパッキングを楽しむ旅行客に人気です。汝矣島(ヨイド)の約3倍の面積を誇る大きな島なので、所々に美しい海辺があり、「西浦里(ソポリ)オートキャンプ場」や「徳積島(トクジョクド)キャンプ場」も完備されています。広い砂浜と樹齢200年以上の松林が広がり、まるで絵のように美しい「西浦里海水浴場」、夕日が美しい「陵洞(ヌンドン)チャガルマダン(砂利の広場)」、きれいな砂浜と海松がマッチした「バッチルム海水浴場」には、キャンパーとバックパッカー、そして釣りを楽しむ多くの人々が訪れます。また海抜292mの飛鳥峰(ビジョボン)頂上に登ると、徳積島の中にある小さな島々を含め遠く離れた掘業島まで一望でき、島のトレッキングコースとしても人気があります。
伊作島
伊作島(イジャクド)は大伊作島(デイジャクド)と小伊作島(ソイジャクド)の2つの島からなり、昔は海賊がこの島に隠れ住んだということで「夷賊島(イジョクド)」と呼ばれていましたが、「伊作」という名称に変わりました。「大伊作島 界南(ゲナム)海水浴場」と「クンプラン海水浴場」、「チャグンプラン海水浴場」にはキャンプ場があり、海岸の松林で爽やかな海風を感じながらキャンプとバックパッキングが楽しめます。また、小伊作島の「ポラン海水浴場デッキ」では、のんびりと露地キャンプを楽しむこともでます。伊作島のビューポイントであり、水が引くと巨大な海を割って姿を現す砂の島、「プルドゥン」、または「プルチ」と呼ばれるこの神秘的な景色はぜひ一度見に行くことをおすすめします。
昇鳳島
昇鳳島(スンボンド)は小さな島なので、海岸道路と散策路に沿って3時間ほど歩くと島を一周できます。そのため日帰りのトレッキングコースとしてもおすすめですが、キャンプやバックパッキングをしながら島の随所を旅行するのもおすすめします。島周辺の海辺には扇子岩、南大門岩、燭台岩など奇岩怪石が美しい風景を作り出しており、潮が引いたときには干潟体験もできます。その中でも島の南海岸にある「イイルレ海水浴場」は昇鳳島のシンボルで、砂浜の傾斜が緩やかで水深が浅く海辺の後ろには鬱蒼とした森が広がっており、キャンプやバックパッキングにぴったりな場所です。
紫月島
紫月島(チャウォルド)は霊興島(ヨンフンド)と徳積島(トクジョクド)の中間に位置しています。島全体をゆっくり歩いて見回ることができ、船着場で公営バスを利用することができるため、車なしで移動するトレッキング旅行者にはおすすめです。 紫月島には海抜166mの国師峰(グクサボン)があり山と海を一度に楽しむことができ、特に春には樹齢30年以上の桜の木が華やかに咲き誇る絶景が美しいと有名です。島の名所である眉毛の形に似た「チャンゴル海水浴場」は、傾斜が緩やかできれいな砂浜の海水浴場を海松が屏風のように囲み、キャンプとバックパッキングを楽しむにも最適です。また、水が引くと広大に広がる干潟も一緒に見ることができます。
掘業島
掘業島(クロプド)は徳積島(トクジョクド)の南西13kmに位置し、船を乗り換えて行くことができる小さな島です。島の形がまるで人が伏せて働くような形をしていることから掘業島という名前がつけられました。島は花崗岩の地層構造であり、所々に西海の激しい潮流と波、風があたり作り出された独特の海岸地形が見られます。島の一部が天然記念物に指定されたこともあり、最近では韓国のガラパゴス島として必ず行くべき旅行スポットであると激賞されています。特に「ケモリ丘」はバックパッキングの聖地と呼ばれる場所で、広々とした丘から眺める日没と夜空は大自然と共存するような神秘さを感じられます。島ではクロヤギと鹿を放牧しており、ふれあうこともできます。
グランピング
霊興島、仙才島、永宗島
霊興島
霊興島(ヨンフンド)は首都圏から船に乗らず簡単にアクセス可能で、旅行客が便利に利用できる多様なグランピング施設が完備されています。島では気軽にグランピングが楽しめるだけでなく、広い干潟で生き生きとした生態体験も可能です。また、鬱蒼とした松林ときれいな砂浜が美しい十里浦(シンリポ)、長景里(チャンギョンリ)、龍潭里(ヨンダムリ)などが海水浴場の中でも人気です。自然の中での体験施設があり霊興島は家族連れに人気な観光地です。
仙才島
仙才島(ソンジェド)への旅行で欠かせないスポットといえばモクソムです。モクソムは干潮時になると島へ歩いて渡ることができます。神秘的な仙才島のモクソムは、アメリカCNNが選定する「韓国で最も美しい島33」の一つに選ばれました。潮が引いた後に現れる大きな干潟では潮干狩り、生態体験(有料)もできます。この他にも様々なグランピング施設が設けられているので気軽にキャンプを楽しむことができ、最近ではそれぞれ違った魅力を持つおしゃれなカフェが相次いでオープンし、若者にも人気があります。
永宗島
永宗島(ヨンジョンド)には北東アジア最大のハブ空港である仁川国際空港が位置します。空港鉄道、永宗高速道路、仁川大橋など交通の利便性が高まり、有名観光地として定着しました。「乙旺里(ウルワンリ)海水浴場」、「王山(ワンサン)海水浴場」、「マシアン海岸」は、首都圏の人々がよく訪れる憩いの場となり、様々なグランピング場のほか、オートキャンプやキャラバン施設も多く、お好みのスタイルに合わせて旅行することができます。何より窮屈な都心を抜け出して広々とした道路を走り、美しい夕日まで見て帰ることドライブコースが有名です。永宗島一帯でおしゃれなインテリアの雰囲気あるカフェでゆっくりくつろぐのもドライブでは欠かせない楽しみです。最近は若者や家族連れの旅行者にパラダイスシティやネストホテルなどの高級ホテルで楽しむ「ホカンス」が話題になっています。
生態観光
白翎島、大青島(国家地質公園)
白翎島
仁川沿岸埠頭から船に乗って北に4時間ほど行くと白翎島(ベクリョンド)が姿を現します。韓国西海岸最北端の島である白翎島は南北分断の現実において西海五島の中でも重要な戦略的要衝地です。また、西海のきれいな自然がそのまま保存されており、天然の飛行場である「沙串(サゴッ)海岸」と干潟、美しい海岸絶壁が広がる頭武津と岩が絶景です。貯水池と湿地には様々な水鳥が棲んでおり、春と秋には大規模な鳥類の移動をご覧になれます。また、白翎島は天然記念物のゴマフアザラシの生息地であり、船に乗って島周辺を一周するとゴマフアザラシが遊ぶ様子を近くで観察することができます。自然と共に楽しむ特別なトレッキングやバックパッキングの旅行をするなら、きれいな自然と生態がよく保存されている白翎島がおすすめです。
大青島
大青島(デチョンド)は白翎島(ベクリョンド)、小青島(ソチョンド)と共に国家地質公園として認定されるほど、自然が綺麗な状態で保存されています。10億年前の砂岩と珪岩などの堆積岩が分布した地質環境により青い海とマッチした断崖や岩は美しい景観を誇ります。特に、「ミア洞海岸」と「ノンヨ海辺」には広い砂の道が現れ、その上に穏やかな波が押し寄せます。青い空と白い雲が澄んだように投影された姿はまるでコロンビアのウユニ塩湖に来たような雰囲気を味わうことができます。また、西海から吹いてくる強い風を防いでくれる役割を果たす岩であるソプンバジを中心にマダン岩、展望台へと続く区間は神秘的な景観を望めるため、トレッキングコースとしても有名です。