Incheon Entertainment Travel - フェスティバル-

Incheon Entertainment Travel
仁川の文化祭りと地域別祭り
韓流コンテンツの中へと旅立つ
Festival
仁川を代表する4大祭り
仁川ペンタポート・ロック・フェスティバル
仁川ペンタポート・ロック・フェスティバルは、2006年から毎年8月初めに仁川で開催される韓国を代表する歴史と伝統のある野外ロックフェスティバルです。この祭りは文化体育観光部から「文化観光フェスティバル」に選ばれ、イギリス雑誌<タイムアウト>でも世界を代表する音楽フェスティバルTOP50で8位に選ばれました。祭りは毎年華やかなラインナップと情熱的な舞台公演で音楽マニアの心をときめかせます。 熱い8月の夏、仁川ペンタポートミュージックフェスティバルで心に響く音楽とともに暑さとストレスを一気に吹き飛ばしてみるのもおすすめです。
INKコンサート
INKコンサートは「INCHEON K-POP CONCERT」の略で、トップクラスのK-POPスターが参加する韓国を代表するコンサートです。INKコンサートはK-POPだけでなく、K-Beauty、K-Food、K-FashionなどKコンテンツを一度に楽しめる総合韓流観光フェスティバルとして成長しており、毎年約4万人の国内外のK-POPファンがコンサートを訪れます。仁川市はINKコンサートを通じて観光と文化コンテンツを全世界に広報し、各種イベントを通じて仁川の生き生きとした韓流文化をアピールしています。
仁川開港場文化財夜行
韓国近代化の始まりであった仁川開港場は初めて西欧文化と新しい文物が流入したところで、130年余りの歴史を持っています。開港場のあちこちには近現代史の跡が残っており、過ごしやすい季節になると仁川開港場一帯で「仁川開港場文化財夜行」が開催されます。祭りの期間中には開港場一帯の文化財の随所で多様な体験やグルメなどを楽しむことができます。それ以外にも文化解説士の解説を聞くことができる歴史徒歩ツアーや無形文化財体験、路上ライブなど、市民が直接参加できるプログラムも行われています。また期間中は文化財および文化施設を無料開放しており、夜間照明に照らされたきれいな景色を見ながらロマンチックな思い出を作ることができます。
東仁川 ロマン市場 (ROMANCE MARKET) 
東仁川は1960~1980年代まで市場や劇場、商店街が密集していた仁川最大の繁華街で、文化と歴史が共存する場所です。「東仁川ロマン市場」はその当時の姿を懐かしもうと地域商人らと共に企画し、行われている祭りです。東仁川駅北広場を中心に「松峴(ソンヒョン)市場」、「中央市場」、「ペダリ工芸商店街」、「東区アートマーケット」、「追憶劇場ミリム」など、地域住民と仁川市民が参加して東仁川だけの新しいニュートロコンセプトの祭りを作り出しています。「東仁川ロマン市場」でその時代のロマンを再現するプログラムとパフォーマンスを通してもう一度、東仁川の過去の栄光を知ることができます。
仁川地域別有名祭り 
様々なコンテンツに出会えるシーズン祭り
自由公園 桜祭り(中区)
自由公園一帯では4月の初めになると桜の開花時期に合わせて3日間、春の花祭りが開催されます。自由公園では歴史ある桜の木が満開になると公園一帯がロマンチックな通りに変化することから、長い間仁川で最高の花見スポットとして知られています。祭りの期間中には文化公演、展示や体験イベントなど多彩なプログラムが運営され、周辺には「開港場一帯」、「チャイナタウン」、「松月洞(ソンウォルドン)童話村」などの観光スポットがあるので散策してみるのもおすすめです。
長峰島 桜祭り(甕津郡)
都会の喧騒から逃れてゆったりと花見を楽しみたいのなら、甕津(オンジン)郡 長峰島(チャンボンド)の桜祭りをおすすめします。毎年4月の桜の開花時期に合わせて行われる長峰島の桜祭りは春の海の景色と桜を楽しむことができ、話題を集めています。「甕岩(オンアム)ビーチ」から出発して「マルムン峠」で折り返してまたビーチへと戻る4kmの桜道コースは、誰でも気軽に歩けて祭りの期間には旬のフードが味わえる出店も並びます。海岸散策路や登山コースに沿って歩きながらレンギョウ、ツツジのような桜以外の春の花も鑑賞することができます。
花島鎮祭り(東区)
花島鎮(ファドジン)は朝鮮時代末期(高宗の時代)に西洋勢力の出没を監視するために建てられた軍営で、約70~80人の兵士が駐屯したと言われています。また、1882年5月には朝米修好通商条約が締結された歴史的な場所で、花島鎮では毎年5月に満開のツツジの中で伝統の饗宴が再現される祭りが開かれます。御営大将行列の再現はもちろん、「東縣(ドンヒョン)広場」では綱渡りや仮面劇などの伝統公演が行われ、その他にも様々な伝統遊びや文化体験プログラムも用意されています。
高麗山ツツジ祭り(江華郡)
高麗山は山登りをしながら花見ができる場所として首都圏の住民から人気を集めるスポットです。 4月になると頂上に咲く濃いピンク色のツツジを見るために多くの登山客たちがここを訪れます。山全体が咲き誇るツツジで覆われた美しい景色は自然とカメラのシャッターを押してしまいたくなるほどの壮観です。祭り期間には高麗山付近と支石墓広場で多彩な体験イベントも開催されます。歴史探訪コースに沿って「白蓮寺」や「積石寺」のような寺院、「支石墓広場」、「五蓮池」、「洪陵」などの文化財や対岸の北朝鮮の空も見ることができます。
江華文化財夜行(江華郡)
毎年6月になると屋根のない博物館と呼ばれる江華(カンファ)で特別な夏のナイトフェスティバルが開催されます。江華文化財夜行は江華郡龍興宮公園一帯を中心として「江華高麗宮址」、「江華文学館」、「龍興宮」の駐車場、「江華文化財夜行通り」などで開かれる祭りで、江華の歴史のある文化財とともに多様なプログラムが行われます。文化財のいたるところで音楽会、星座体験、文化財ツアー、活版印刷体験などの高麗の歴史と文化財を学ぶ様々な体験やプログラムが行われ、文化遺産の価値と大切さを感じる時間を過ごすことができます。
松島ビール祭り(延寿区)
松島(ソンド)ビール祭りは、世界のビールを味わえる地方祭りとして松島国際都市「タルピッ祭り公園」で毎年8月末から9月の初めにかけて開催されます。この祭りは2011年にビールと文化を融合した祭りの場を作ろうという提案から企画され、世界各国のビール試飲会はもちろん、国内外の代表歌手らが参加する音楽フェスティバルも一緒に開催されます。ゴザやテントを準備してゆったりと祭りを楽しむことができ、家族や友人、恋人と一緒に軽いピクニックをするのにもちょうどいいです。松島の綺麗な夜景とともに冷えたビールを飲みながら、松島ビール祭りで夏の夜の素敵な思い出を作ることをおすすめします。
朱安メディア祭り(弥鄒忽区)
仁川の弥鄒忽(ミチュホル)区では毎年9月のメディアをコンセプトにした文化祭りが開催されます。この祭りは2004年に『デジタルで声をかける』というテーマでスタートして以来毎年開催されており、地域の発展とメディア文化の振興を成功的に率いています。祭りはかつての市民会館の憩いの場の一部で三日間行われ、文化創作活動を行う青年たちと住民がコンテンツを企画して実行しているので市民も直接祭りに参加して楽しむことができます。
富平風物祭り(富平区)
富平(ブピョン)は古代から農耕文化が発達した地域で、自然と風物が生活の中に根を下ろしています。これを継承し発展させるために富平では秋になると富平風物祭りが開催されます。祭りの期間中には富平の街が大きな舞台となり、公演広場では創作公演、街の広場では路上ライブやパレードが開かれ、体験場では風物遊びをはじめ、さまざまなプログラムとイベントが行われるので市民が直接参加・体験することができます。祭りの間は軽快な風物の音が街に響き、五色の華やかな旗がなびいて富平区一帯は公演参加者と市民が一つになる「興(フン)」があふれる和合の場へと変化します。
蘇莱浦口祭り(南洞区)
仁川南洞(ナムドン)区に位置する蘇莱浦口(ソレポグ)は70年余りの歴史を持った魚市場で、首都圏市民の観光名所として有名です。依然として大小の漁船が行き来し、人々の出入りが絶えない蘇莱浦口では毎年10月になると海の味と情緒を楽しめる祭りが開催されます。祭りは西海岸豊漁祭をはじめ、音楽会、風物公演、魚のつかみ取り体験、グルメ屋台、農・水産物直取引市場など毎日多彩なイベントを楽しめます。祭りの際に近くの「蘇莱(ソレ)湿地生態公園」を訪れると、静かな秋の葦の茂みと趣のある塩田や干潟も一緒に見学することができます。
西津日没祭り(西区)
「正東津(チョンドンジン)」は光化門(カンファムン)を中心に東側に位置した日の出の名所であり、正西津は光化門の西側に位置した日の入の名所です。西海の夕日の名所である「京仁(キョンイン)アラベッキル正西津アラビッ島広場」では日没祭りが開かれ、一年間を締めくくる深い意味を持つ時間を過ごすことができます。日没祭りでは日の入前の式典公演と共に日没カウントダウン、正西津コンサート、ランタン飛ばし、花火など、多様なイベントも同時に実施されます。特に正西津の象徴である夕焼け鐘の間で演出される美しく神秘的な日没の景観のおかげで日が落ちるのとともに多くの観光客が訪れる名所となっています。
11. 延寿(ヨンス)凌虚台文化祭り(延寿区)
「凌虚台(ヌンホデ)」は4世紀に百済の使臣たちが中国との交流のために出向する際に使われた渡し場です。当時は高句麗と新羅で陸路が塞がれていたので海の道で交流をしなければなりませんでした。百済の使者たちの勇猛さが受け継がれる凌虚台一帯の文化公園および凌虚台公園では百済の使臣たちを称えるための祭りが開催されます。様々な公演や体験イベントが行われますが、祭りの醍醐味は百済の使臣団行列の再現です。騎馬隊、将軍団、使臣船、騎手団、吹打隊、風物団など住民たちの参加によって行われるパフォーマンスは、険しい西海を越えて進んだ百済使臣団の勇敢な精神を称えています。