Incheon Entertainment Travel - 韓流コンテンツの中のスポット -

韓流コンテンツの中のスポット
仁川へロケ地巡礼の旅に出る
ペダリ古本屋通り
「ぺダリ古本屋通り」は、ドラマ「トッケビ」に登場した黄色い外観の「ハンミ書店」に出会えるスポットです。この路地は開港以降の市民の生活を垣間見ることができる場所で、様々なドラマや映画のロケ地としても有名です。一時は40軒ほどの本屋が集まって繁盛していましたが、現在は6軒の書店が残っており、新しい文化空間としての役割を果たしています。昔のペダリの人々の姿や生活などが描かれた壁画通りを中心に50~60年前の昔の路地の姿がそのまま残されており、まるでタイムスリップしたような気分を味わうことができます。
松峴近隣公園
「松峴(ソンヒョン)近隣公園」はドラマ「トッケビ」や「男が愛する時」、映画「エクストリーム・ジョブ」などにも登場しており、ドラマや映画ファンなら必ず行くべきスポットです。公園にはスポーツレジャー施設や「ハヌル生態公園」など、住民のための施設が取り揃えられています。公園内にある「水道局山タルトンネ博物館」ではタルトンネ路地の昔の姿と生活ぶりを再現しており、懐かしい記憶を思い出させてくれます。練炭-タルゴナ作り、ムルジゲ(水汲み道具)などの体験プログラムもあり、近現代史を楽しく簡単に学ぶことができます。また、レトロな写真を撮るのにもおすすめです。
仁川アートプラットフォーム
「仁川アートプラットフォーム」は、2009年に中区 海岸洞の開港期の近代建築物及び近隣の建物13棟を購入して造られた複合文化芸術空間です。1930~40年代に建てられた建物は昔の姿がそのまま残されていて異国的な雰囲気を醸し出しています。そのためドラマ「トッケビ」や映画「ビューティーインサイド」など、しばしばテレビドラマや映画のロケ地として登場します。現在ここは創作スタジオ、展示場、公演場、生活文化センターなどとして使用されており、視覚芸術をはじめとする様々なジャンルの芸術家と研究者が集まって多様な文化コンテンツを生産するインキュベーターの役割を果たしています。
自由公園
多くの人が仁川と聞いて真っ先に思い浮かべる場所、それは仁川上陸作戦を指揮したマッカーサー将軍の銅像が立っている「自由公園」です。ここは海抜69mの応峰山一帯に造成された韓国初の西洋近代式公園で、開港初期に仁川港を通じて入ってきた外国人居住者が余暇を楽しめるように造られました。1982年には韓米国交正常化100周年記念塔が建てられ、春には仁川最高の桜の名所として知られおり、「石汀楼」や「自由公園広場」から見下ろす仁川港と海の夕日も有名です。開港場一帯と「チャイナタウン」に近接しているため、近現代史の跡を追ってニュートロへの旅に出るのにもおすすめです。
済物浦倶楽部
「済物浦(チェムルポ)倶楽部」はドラマ「トッケビ」の中でコン・ユが演じるトッケビとイ・ドンウクが演じる死神が出会った場所です。異国的な外観のここは1901年に仁川に居住した外国人が社交の集まりの場所として使用するために建築されました。当時、「済物浦倶楽部」は2階建てのレンガ造りの洋風建築ビルで、内部には社交室、図書室、ビリヤード台、食堂及び外部テニスコートなどがあり、社交の集まりに適した高級施設でした。現在は当時の生活を再現したミュージアムへと新たに生まれ変わり、開放されています。
日光電球ライトハウス
「開港場通り」の廃業した産婦人科を改造して作ったカフェ、日光電球ライトハウス。白熱電球を生産する日光電球が運営している所で、柔らかな黄色の白熱電球を活用したインテリアが印象的なスポットです。内部は病院だった跡を最大限に活かしてレトロな感性あふれる空間を作り出していて、中に入るといくつかの空間が迷路のようにつながっており、あちこちにフォトゾーンが準備されています。女性たちのモッパン「Bob Bless You 2」の稲妻ピンスがこのカフェのシグネチャーメニューです。また、ドラマ「サイコだけど大丈夫」の撮影も行われました。
パラダイスシティホテル
仁川国際空港が位置する永宗島(ヨンジョンド)にある5つ星ホテル 「パラダイスシティ」は、国内で初めてアートとエンターテインメントを結合させたアートテインメントリゾートです。 建物全体を巨大な展示場にするというコンセプトのとおり、建物のあちこちには約3,000点の芸術作品が展示されています。ホテル内外の素晴らしい建築物も印象的ですが、中でも室内プールの「シメル」はインサイダーたちの聖地と呼ばれ、多くのドラマのロケ地にもなりました。韓国でも最も人気の高いホテルでもあるここではカジノ、コンベンション、スパ「シメル」、テーマパーク「ワンダーボックス」、プラザ、芸術展示空間、スタジオ、クラブなど、観光やグルメを思う存分楽しむことができます。
仙女岩海水浴場
永宗島(ヨンジョンド)の「仙女岩(ソンニョバウィ)海水浴場」はドラマ「愛の不時着」でリ·ジョンヒョク大尉がトンネルを通って韓国の海辺に初めて到着する場面が撮影された場所です。「仙女岩海水浴場一帯」では仙女が虹に乗って降りてきて遊んだという伝説がある仙女岩や、きれいな形の岩と穏やかな波が調和した異色の景観を見ることができます。夕暮れ時には黒い岩の向こうに赤く染まる夕日を鑑賞することができ、仙女岩の裏側にある小さな船着場では静かな田舎の漁村の素朴な風景をみることもできます。
メタセコイア並木道
ドラマ「トッケビ」に登場した「メタセコイア並木道」はドラマをテーマにした「仁川トッケビ旅行コース」の一つで、「首都圏埋立地」につくられた「青羅(チョンラ)国際都市ドリームパーク」内に位置しています。まっすぐに伸びた木々の間で澄んだ空気を呼吸しながら歩いていると、自然と癒されるような気分になります。自然にやさしいごみの処理と住民のための快適な休息空間を同時に設けるために作られた公園内には「野生花団地」、「国立生物資源館」、「自生生物研究所」などがあり、多様な生態体験も可能です。
青羅湖公園
ドラマ「トッケビ」や「ドクターズ」のロケ地である「青羅(チョンラ)湖水公園」は都心の水上レジャースポーツ場として有名なスポットで、夜には音楽噴水が行われることでも知られています。青羅国際都市を横切る「キャナルウェイ」が公園までつながっており、水上タクシーも運営されています。公園は大きくタワーゾーン、エコゾーン、伝統ゾーン、レジャーゾーン、アートゾーンに分かれています。夕方には自転車に乗ったり軽い散歩を楽しんだ後、青羅国際都市の夜景と水と音楽が調和をなす音楽噴水を見ることもおすすめです。
ポスコタワー -松島
「ポスコタワー松島(ソンド)」は高さ305メートル、地上65階、地下3階建てで、国内でも指折りの高層ビルであり松島国際都市のランドマークでもあります。建築直後は松島NEATタワー(Northast Asia Trade Tower)と呼ばれていましたが、2017年9月からは現在の名前で親しまれています。建物は見る角度によって違う面が見え、周辺のどこからでもよく見えるようになっています。「ポスコタワー松島」の上層部にある「オークウッドプレミア仁川パノラミック65」では、高級な雰囲気の中で松島の夜景を楽しむことができます。
慶源齎アンバサダー 仁川
「慶源齎アンバサダー仁川」は韓国の名将5人が作り出した伝統美が見られる韓屋ホテルで、2016年には「韓国観光の星」にも選ばれました。このホテルはビル街の中にある姿が伝統と現代の異色的な調和を感じさせ、韓国人や外国人からホカンス(ホテルで楽しむバカンス)の場所としても人気を集めています。ホテル全体は美しい韓屋の伝統様式で造られていますが、客室のインテリアは座敷生活に慣れていない外国人宿泊客などに配慮しベッドとテーブルなどが配置されています。また、ホテル内の韓国料理レストラン「Sura」で提供される韓国スタイルの朝食が話題となり、2018年には「外国人が行きたい韓国ホテルレストランTOP3」に選ばれました。
トリプルストリート
旅行前に松島(ソンド)国際都市をウェブ検索すると、カラフルな傘が広がる美しい街の写真を目にすることができます。まさにそこが、見どころ、グルメ、 アクティビティが一つとなった施設である「トリプルストリート」です。ここはレストラン街の構成が良く、若者がよく訪れるSPAブランドのショップが多いのが特徴です。ブランドの個性的なメガストアが続く「GROUND STREET」、韓国内外の有名グルメ店やフランチャイズレストラン、ライフスタイルまで味わえる「UNDER STREET」、スポーツ体験施設や展望台があるリフレッシュ屋上空間「PARK STREET」、それぞれ異なる魅力の3つのストリートで構成され、一味違ったショッピングの楽しさを感じることができます。