最終修正日 : 2024.06.27   |  
조회수 67

江華で買うべきものが一堂に会する江華風物市場

江華で買うべきものが一堂に会する江華風物市場 01

カブ、ヨモギ、ソンノラン(中身が黄色い)サツマイモ、高麗人参、サッパ、アミの塩辛…。いずれもきれいな水と肥沃な土地に恵まれた江華島の特産物だ。 花紋席、花方席、花三合(コッサムハプ)、江華ソチャン…。これらも長い歴史を持つ江華島の特産品だ。 小さな島にしては種類が豊富で品質にも優れている。 あれこれ欲しくなる品物が全部集まっている場所があればいいな、と思う人におすすめの買い物天国がある。江華風物市場だ。

買い物上手なら欠かせない観光スポット、江華風物市場

江華風物市場 01

江華風物市場は江華島最大の伝統市場で、2007年に建設された2階建ての建物の中にある。 1階は農水産物、2階は食べ物や特産品を主に取り扱っている。 1階に入ると、新鮮で色とりどりの農水産物が目を惹く。 中でも真っ先に目に留まるのは、丸いカブ。 ほのかな紫色を帯びた丸い形がかわいらしく、ついつい目がいってしまう。

江華風物市場 02

韓国でいつからカブの栽培が始まったかについての記録は残っていない。 ただ、高麗時代の文人である李奎報の『東国李相国集』にもカブが言及されていることから、高麗時代にはすでに栽培されていたことが分かる。 江華島で初めてカブを栽培した時期は朝鮮時代で、その美味しさから王様に献上されたと伝えられている。 海風や土壌など江華島の環境の影響で、今も江華カブは最高の味を認められている。

江華風物市場 03

カブは甘味と苦味が調和した風味が特徴的だ。 初めて食べると、ピリッとした苦味に戸惑うかもしれないが、食べ続けるとクセになる魅力がある。 カブの活用法は様々だが、韓国では主にキムチにして食べる。 江華風物市場にはカブとカブキムチを販売しているお店が多く、カブキムチを漬ける姿も目の前で見ることができる。お店によってレシピが異なり、味も様々だ。 味見をして自分の好みに合ったキムチを購入してみよう。

江華風物市場 04

江華カブの他にも、中身が黄色く糖度の高い江華ソンノランサツマイモ、味と食感に優れた江華アミの塩辛、品質の良い江華島米など、江華島の様々な特産物が売られている。 1階で買い物を楽しんだ後、小腹がすいたら2階に上がってみよう。 2階はグルメが充実していて、食事からスイーツまですべて解決できる。 でも、ここの食堂街の主役は何と言ってもサッパだ。 かなりの数の飲食店がサッパ専門店になっている

江華風物市場 05
江華風物市場 06

サッパは江華島や仁川などで多く漁獲されるニシン科の海水魚で、気性が荒く、網にかかるとストレスでほとんどがその場で死んでしまう。 小ぶりだがコクがあり、焼きもの、刺身、煮付け、塩辛など様々な料理に使われる。 江華風物市場の食堂街では、サッパの刺身、和え物、焼き物を同時に味わえる定食メニューを提供しているので、どんな料理にしようか迷う必要はない。 韓国語で「五・六月のサッパ」という言葉があるが、今が旬のサッパは特に身が締まっていてコクがある。 定食メニューにはケジャンも付いていて、価格は通常2人前で32,000~35,000ウォンほど。昨今の物価を考慮すると、非常に手頃な価格といえる。

江華風物市場 07

しているので、どんな料理にしようか迷う必要はない。 韓国語で「五・六月のサッパ」という言葉があるが、今が旬のサッパは特に身が締まっていてコクがある。 定食メニューにはケジャンも付いていて、価格は通常2人前で32,000~35,000ウォンほど。昨今の物価を考慮すると、非常に手頃な価格といえる。

江華風物市場 08
江華風物市場 09

サッパを美味しくいただいた後はスイーツの番だ。 食堂街を歩いていると、あちこちで蒸しパン屋と餅屋が見える。 江華産ヨモギを使った蒸しパン、黄な粉餅、ケトク(野菜などを混ぜた餅)などを販売していて、ヨモギの香りと色がより一層引き立つ。 目の前で作られる蒸しパンや餅を見物しながら、市場を存分に楽しんでみよう。 2階の食堂街と繋がっている隣の棟には、特産品や薬草を販売する店舗が集まっている。 ドアを開けた瞬間、芳醇なヨモギの香りが漂い、頭がスッキリする経験が味わえる。 ここでサジャバルスク(獅子足ヨモギという意味)とも呼ばれる江華ヨモギを買うことができる。

江華風物市場 10
江華風物市場 11

薬草売り場の向かい側には特産品店がある。 店舗数は多くないが、きれいな花紋席と可愛らしいワングル(カンエンガヤツリ)の工芸品が種類別に揃えられている。 江華地域でしか見られない純白のワングルの茎を一本一本丁寧に編んで作る工芸品は、江華が誇る特産品だ。 カラフルに染めたワングルで花柄などの模様を入れた敷物の花紋席をはじめ、鳳凰や太極などの模様が入った座布団の花方席、3つの箱を1セットで作る花三合(コッサムハプ)などがある。

江華風物市場 12
江華風物市場 13

五日市が立つ日(2と7の付く日)に合わせて江華風物市場を訪れると、見るもの、買うものがさらに豊富だ。 カクソリ(門付け)に扮した飴売り、自家栽培の農作物を売るおばあさんたちの露店など、賑やかな市場の風景が繰り広げられる。

[TIP] 市場の商店街を利用すると、無料駐車券がもらえるので、買い物の時はお忘れなく。無料駐車は最大1時間まで(2024年6月現在)。

  • 地址仁川広域市江華郡江華邑中央路17-9
  • 电话+82-32-934-1318
  • 运营时间店舗によって異なる。定休日は毎月第1・第3月曜日(ただし、定休日が祝日または五日市の場合、その翌日)

江華の特産品を買い尽くしたいと思ったら、江華高麗人参センター&お土産販売所

江華高麗人参センター&お土産販売所 01

ついでに江華風物市場の隣にある江華高麗人参センターまで足を延ばしてみよう。 江華高麗人参は、高麗人参の伝統を受け継ぐことで広く知られている。 高麗人参の本場は開城だったが、韓国戦争が起きて開城で高麗人参を栽培していた農民たちが江華島に避難してからは、ここで高麗人参の栽培を始めたという。 江華島の気候、土壌などの自然環境が高麗人参の栽培に適していて、高品質の高麗人参が生産されている。 中でも代表格は6年根江華高麗人参。

江華高麗人参センター&お土産販売所 02
江華高麗人参センター&お土産販売所 03

江華高麗人参農協の1階にある江華高麗人参センターでは、上質な高麗人参をリーズナブルな価格で購入できる。 高麗人参を栽培している組合員が運営する店舗のみが出店していて、水参(生の高麗人参)、紅参、白参をはじめ、汁、切片、お茶など様々な加工品も取り揃えている。 「訳アリ」の高麗人参もコスパが良く人気がある。 「訳アリ」は形がいびつで定価では売れないが、栄養成分はほとんど変わらず、価格も安いので自宅用としてうってつけだ。

[TIP] 水参を5本以上購入すると、無料洗浄サービスが受けられる(2024年6月現在)。

  • 地址仁川広域市江華郡江華邑江華大路335
  • 电话+82-32-933-5001
  • 运营时间09:00~18:00, 定休日は毎月第1・第3月曜日(ただし、定休日が祝日または五日市の場合、その翌日)
江華高麗人参センター&お土産販売所 04
江華高麗人参センター&お土産販売所 05

環境と健康への関心が高まり、天然素材の綿織物である江華ソチャンの人気も高まっている。 江華島はかつて70~80の織物工場が稼働していたほど、織物産業が盛んだった地域で、ソチャンは当時の主力製品の一つだった。 その勢いは以前ほどないが、一部の工場が今も残っていて、伝統を受け継いでいる。

江華高麗人参センター&お土産販売所 06 江華高麗人参センター&お土産販売所 07
江華高麗人参センター&お土産販売所 08

ハンカチやふきん、タオル、室内服など、江華ソチャンで作られた商品は実用的で品質が良く、お土産にぴったりだ。 江華風物市場から遠くない旧都心には、江華ソチャンについて紹介するソチャン体験館と江華ソチャンで作られた様々な商品を販売するお土産販売所がある。 旧都心の医療施設だった救世医院の跡に入店しているお土産販売所では、江華ソチャンの商品以外にも、江華カブ茶、ワングル工芸品など江華の他の特産品も販売している。

  • 地址仁川広域市江華郡江華邑新門ギル18番ギル15
  • 电话+82-32-932-1015
  • 运营时间10:00~18:00, 定休日は毎週月曜日
※上記の情報は、最初の登録日以降に変更される場合があります。旅の前に、必ず確認してからお越しください。