最終修正日 : 2022.10.13   |  
조회수 1023

開港場展示館と博物館

仁川開港場は130年前の近代歴史文化財が保管されている展示館と開港場の街の様子が表現された空間が印象的です。開港場路地に沿って歩けば、開港期の仁川開港場に来た気分が味わえます。
仁川開港博物館
「仁川開港博物館」は仁川開港の歴史について紹介しており、近代文化の多様な姿を通じて開港後の近代仁川の様子が鑑賞できる場所です。博物館では近代文明と京仁鉄道の歴史、開港期の仁川の風景と仁川典圜局と金融機関についての資料を見ることができます。 規模はそれほど大きくありませんが、博物館の外観から仁川開港期の様子をうかがうことができます。

※大人500ウォン/青年、軍人300ウォン/幼児無料
仁川開港場近代建築展示館
仁「仁川開港場近代建築展示館」は開港期に建てられた100年以上の歴史を持つ典型的な日本式近代建造物で、もともとは1890年に長崎に本店を置いた日本第18銀行の仁川支店として建てられたものでした。平屋建てで、日本式の屋根と銀行として使われた当時の金庫や出入口などが残っているのが特徴です。現在は開港期の仁川の姿と現存する近代建築物、焼失した近代建築物の模型をキュレーションする場所として活用されています。

※大人500ウォン/青年、軍人300ウォン/幼児無料
大仏ホテル展示館/ 中区生活史展示館
「大仏(デブル)ホテル」は日本海運業者の堀力太郎が仁川開港場に建てた国内最初の西洋式ホテルです。京仁線が開通する前は仁川からソウルに行くためには牛車で12時間かけて行くか、龍山行きの船に乗って半日ほどかけて行くしか方法がありませんでした。そのため、仁川で一泊しなければならない人々を対象にホテル業を開始しました。。現在、2018年建替えられ、ホテルの変遷史と客室の様子が展示される展示館として使われています。また、有料で近代衣装のレンタルも行っており、衣装を着て展示館内で写真を撮ることもできます。

*料金: 大人 100ウォン/ 青年、軍人 300ウォン/ 子ども: 無料
チャジャンミョン博物館
チャジャンミョン(韓国式ジャージャー麺)を最初に提供し始めたと言われる「共和春」は、仁川の「チャイナタウン」を代表する中華料理店として人気を集めました。「共和春」は2階建ての中国風建物として文化財に登録されており、2012年に韓国で初めて国内唯一の「チャジャンミョン博物館」として開館しました。この博物館は仁川開港場内にあるテーマ博物館で、チャジャンミョン関連の遺物が展示されており、過去の「共和春」のキッチンと接客室の様子がそのまま再現されています。

*料金: 大人 500ウォン/ 青年、軍人 300ウォン/ 子ども: 無料
※上記の情報は、最初の登録日以降に変更される場合があります。旅の前に、必ず確認してからお越しください。