夏のアンコンタクト観光地 10選

仁川には比較的人が少なく清らかな自然を楽しみながら安全に旅行できる10箇所のアンコンタクト観光地があります。アンコンタクト観光地には仁川都心にある観光地から船で行く観光地までの間、様々なスポットがあります。昔の風景がそのまま残っている喬桐島(キョドンド)、韓国の3大観音聖地である「普門寺」がある席毛島(ソクモド)、島全体でキャンプが楽しめる東検島(トンゴムド)、ドラマのロケ地で有名な「仙女岩(ソンニョパウィ)」と日の入りと日の出の両方を見られる巨蚕浦(コジャムポ)、多様なレジャーが楽しめる「京仁(キョンイン)アラベッキル」、散歩にぴったりなコースとして有名な「桂陽(ケヤン)山トゥルレキル」、未来都市の中の自然と休息を楽しめる「松島(ソンド)セントラルパーク」、三兄弟島と呼ばれる信・矢・茅島(シンシモド)、ユニークな自然景観を持つ伊作島(イジャクド)、韓国のガラパゴスと呼ばれる堀業島(クロプド)まで、多彩な仁川の夏を楽しんでみてください。
喬桐島
喬桐島(キョドンド)は黄海道(ファンヘド) 延白(ヨンベク)郡から避難してきた失郷民たちが故郷に帰るのを待ちながら暮らした島で、1960~70年代の風景をそのままとどめている島です。喬桐島で最も有名な「大龍市場」では理髪館、薬屋、喫茶店などの歴史ある店や、その時代の生活ぶりが描かれた壁画をあちこちで見ることができます。また、故郷を失った人々が家族を思いながら作った望郷台からは北朝鮮を見ることもできます。
席毛島
席毛島(ソクモド)では干潟体験ができる「ミンモル海岸」でのキャンプが可能で、近くの港で船に乗って海釣りも楽しめます。また、韓国の3大観音聖地である「普門寺」は眉毛岩に刻まれた「磨崖観音坐像」が有名で、ここから眺められる夕日は絶景です。
東検島
東検島(トンゴムド)は江華島(カンファド)の歴史・文化・自然を感じながら歩くことができる徒歩コース「江華ナドゥルキル」(計20個)の8番コースである「渡り鳥の道」に繋がっています。また、島全体でのキャンプが可能なため、バックパッカーから愛されており、1年中芸術映画だけを上映する「DRFA365芸術劇場」もあります。
仙女岩 & 巨蚕浦(永宗島)
「乙旺里(ウルワンリ)海水浴場」付近にある「仙女岩(ソンニョパウィ)」は、ドラマ「愛の不時着」で主人公が脱北に成功し初めて韓国の海に到着したシーンのロケ地でもあります。また、巨蚕浦(コジャムポ)は西海(ソヘ)でありながら、入り江が東側に向かいているため首都圏で唯一日没と日の出が見られる場所で、フカヒレの形をしていることから別名シャーク島と呼ばれるメラン島の上に浮かぶ日の出は壮観です。
  • 住所住所
    仁川広域市 中区 雲南洞 671-3
  • 連絡先連絡先
    +82-32-760-7114
  • ウェブサイトウェブサイト
京仁アラベッキル
「京仁(キョンイン)アラベッキル」は海路に沿って走るサイクリングコースの景色が幻想的であることからライダーの天国とも言われており、全国を繋ぐ自転車縦走コースのスタート地点でもあります。ここではカヌー、カヤックなどの様々なレジャーが楽しめるだけでなく、オートキャンプやグランピングが可能なキャンプ場も多数あります。
桂陽山 トゥルレキル
「桂陽(ケヤン)山トゥルレキル」は仁川トゥルレキルの1番コースで、2017年に山林庁から「優秀森の道」に選定されました。長さは7.29㎞ほどですべて回るには2時間ほどかかりますが、傾斜が緩やかで歩きやすい道になっています。また近隣の桂陽山ではピンクミューリー、菜の花、コスモスなど季節ごとに美しい花々を観賞することができ、多くの人が写真を撮るために訪れるスポットです。
松島セントラルパーク
「松島(ソンド)セントラルパーク」は松島国際都市の代表的な観光資源であり、初めて海水を引いてつくられた公園です。公園では水上タクシーやカヌー、カヤック、ファミリーボート、パーティーボートなどの水上レジャー体験ができます。また高層ビルと夜間ライトアップが調和し、韓国の代表的な夜景スポットとしても有名です。
信・矢・茅島
三兄弟島と呼ばれる信(シン)・矢(シ)・茅島(モド)は橋によって一つの島のようにつながっています。約9.5㎞の海岸ヌリキルとしてつくられており、サイクリングをはじめ、ハイキング、ドライブなどにも最適なスポットです。また、芸術の島・茅島の「ペミクミ海岸」では作家イ・イルホ氏の超現実主義な作品が鑑賞できます。
伊作島
1日2回、潮が引いた時だけ姿を現す蜃気楼のような砂の島「プルドゥン」は伊作島(イジャクド)旅行のマストスポットに挙げられる観光地です。「プルドゥン」は面積が約1.5平方キロメートルほどの海洋保護区域で、干潮時の6時間ほどだけ姿を現しすぐに消えてしまいますが、時間が合えば負児(ブア)山の頂上でその姿を見ることができます。また、小伊作島(ソイジャクド)には山と海を同時に回れるトレッキングコースであるケッティキルと共に旅行者センターが設けられており、村のあちこちを見て回ることができます。
  • 住所住所
    仁川広域市 甕津郡 紫月面 伊作里
  • 連絡先連絡先
    +82-32-761-1950
  • ウェブサイトウェブサイト
掘業島
韓国のガラパゴスと呼ばれる掘業島(クロプド)は、仁川の島の中でも手つかずの自然が残る島です。チカラシバと野生の鹿の観察をはじめ、夏の夜には美しい天の川を観察することもでき、掘業島の「ケモリオンドク(丘)」はバックパッキングの聖地とも呼ばれています。
  • 住所住所
    仁川広域市 甕津郡 徳積面 掘業島
  • 連絡先連絡先
    +82-32-899-3405
  • ウェブサイトウェブサイト