都心の中のウォーキングコース-開港場-

仁川には都心の過去と現在、そして未来を見ることができるウォーキングコースがあります。その中でも開港当時の西欧の文物の流入と歴史の痛みを感じることができる開港ヌリキルをご紹介します。
開港ヌリキル
開港ヌリキルは対外貿易が活発化し独特な文化が形成された場所として、日本や清国をはじめとした各国の租界地が作られました。そのため開港ヌリキルには近代文化遺産が多く残っています。130年前の仁川を感じられる「仁川開港博物館」、仁川港と繁栄をともにしてきた「チャイナタウン」、韓国のチャジャンミョン第1号店である「共和春(コンファチュン)」、近代と現代をつなぐ仁川アートプラットフォームなど、過去と現在、そして未来が共存するさまざまな文化遺産を見ることができます。

<1時間コース>
仁川駅-チャイナタウン-チャジャンミョン博物館-大仏ホテル展示館-仁川開港博物館-仁川開港場 近代建築展示館-アートプラットフォーム
<2時間コース>
韓中文化館-華僑歴史館-大仏ホテル展示館-仁川開港博物館-仁川開港場近代建築展示館-中区庁-清・日租界 境界階段-三国志壁画通り-チャジャンミョン博物館-仁川駅
<3時間コース>
韓中文化館-華僑歴史館-清・日租界 境界階段-大仏ホテル展示館-仁川開港博物館-仁川開港近代建築展示館-中区庁-仁川広域市歴史資料館-済物浦倶楽部-自由公園-マッカーサー将軍銅像-三国志壁画通り-チャジャンミョン博物館-チャイナタウン-童話村