본문 내용 바로가기

観光

  • home
  • 観光
  • 癒しの仁川旅行
癒しの仁川旅行
  • facebook
  • twitter
  • google

遠くから見るともっと美しい!

仁川の見晴らしのいい絶景スポットを訪ねて…。
旅行は慌ただしい日常から抜け出して自分の生き方を遠くから眺めるひと時を与えてくれる。時には遠くから見た方が美しく見えることもある。
現実の熾烈な競争や緊張感から抜け出して、温かいコーヒーを飲みつつスカイラウンジから眺める都心の夜景はどれほど美しいだろう。 ごちゃごちゃした頭の中を空っぽにしたいなら、仁川の見晴らしのいい場所を訪ねてみよう。
Gタワー展望台
Gタワーは松島国際都市セントラルパークにある。33階の展望台に立つと松島国際都市と西海岸の海岸、仁川大橋などが目の前に広がる。日没と共に赤く染まった空と暗闇に染まった海を眺めていると、自然が作り出した神秘的な美しい景観に息が詰まる。暗闇が深まるにつれて夜景の華やかさは絶頂を迎える。光と闇に染まった都市は見る人の心までも赤く染める。
(観覧可能時間 -10:00~20:00)
仁川大橋展望台「オーシャンスコープ」
コンテナで作った展望台「オーシャンスコープ」は、まず独特な外観が人目を引く。「オーシャンスコープ」はコンテナ自体が展望台であると同時に望遠鏡のような役割をする。コンテナの内部の階段を上がると、あまり高くない高さで西海岸の海を眺めることができる。階段を上がる時の胸のときめきと展望台から見えるちょっとシンプルな風景が、かえって素朴な魅力として記憶に残りそうだ。
月尾展望台
月尾展望台から見下ろす家や自動車は、まるで小さなマッチ箱のようだ。巨大に見えた都市全体があれほど小さく見えるなんて何だか不思議な気分だ。高く上るほど視野は広くなり、心は寛大になる。大型コンテナを数十個も積んで運ぶ仁川港の船も、親指や人差し指の間に入るほど小くなってしまった。近くからは大きく感じる悩みも、遠くから見るとこれほど小くなるのだろうか。展望台から見える風景は、世の中を遠くから見るよう、広く見るよう、そして不安や恐れを振り払って前に進むようにとささやいている。
アラマル展望台
アラマル展望台の強化ガラスで造られた床の下に見えるアラベッキル(運河)は、めまいがするほど高いところにいることさえ忘れさせる。雲の上を歩くようにゆっくり歩きながら地上の風景を眺める。円形のデッキから眺める青い空と青い海は「無念無想」の境地へと導いてくれる。
大青島鷹岩展望台
大青島(テチョンド)鷹岩(メバウィ)展望台に立つと、鷹の羽に似た海岸の姿が現われる。遠くから見てはじめて現われる雄大な大青島の景色を鑑賞できる。昔から大青島には気の荒い鷹が住んでいたという。高い空から眺める地上はどれほど美しいだろう。大青島鷹岩展望台に上って空を飛ぶ鷹のように大青島の風景を眺めてみよう。
大青島日没展望台
日没(ヘノミ)展望台から眺める広々とした海と奇岩怪石の絶妙な調和には、思わず歓声が上がる。西海岸の海の荒波を全身で受ける巨大な絶壁「ソプンバジ」には神秘的な趣さえ感じられる。風波にさらされながらも耐え忍んできた歳月の跡があちこちに残っている。
徳積島の落照台
日の入りの瞬間、赤く染まった夕焼けを息を殺して眺める。燃える真っ赤な太陽があっという間に海の中に吸い込まれていく。しばらくの間はその余韻で目をはなすことができない。徳積島の落照台で短いため息とともに愛する人を見送るかのごとく眺めた日の入りの瞬間は、見る人の心に焼きつきいつまでも離れないだろう。