본문 내용 바로가기

観光

  • home
  • 観光
  • 癒しの仁川旅行
癒しの仁川旅行
  • facebook
  • twitter
  • google

釣り好きにおすすめ!

楽しい海釣り
一度もしたことがない人はいるが、一度だけした人はいないという海釣り! 気軽に楽しむことができる仁川の船釣りを紹介する。
南港埠頭、沿岸埠頭、萬石埠頭など、仁川の主な埠頭で出航する船に乗って多様なジャンルの船釣りを楽しむことができる。
港都市である仁川には多くの漁港がある。港ごとに船釣りをする人を対象にした釣り船が並び、毎日数多くの船が仁川の主要港で釣り人を乗せて夜明けに出港し、夕暮れに入港している。
船釣りの日
船は大体朝5時頃に出港する。船長は、陸地から1~2時間ほど離れている、長い経験から自分だけが知っているポイントに向かう。船内では、大漁を夢見、インスタントラーメンを食べて空腹を満たす釣り人の笑いが溢れる。
釣り人は雨が降っても屈しない。
ポイントへ移動する間、今日のお客は釣り竿、リール、仕掛けなど釣具を点検し、到着したらすぐ釣りができるように準備する。
船釣りのジャンル、魚種によって生き餌を使う場合にはドジョウ、イカ、エビを用意し、ダウンショットなどルアー釣りの場合には類似餌であるワームを好みによって用意する。
最近、釣りで人気があるチュガブ釣り(イイダコ、甲イカ釣り)では餌木というエビに似ている類似餌ときらきら光るイイダコボールを使う。
ついにポイントに到着!既に到着している他の船とともに船長の合図で各自準備してきた仕掛けで釣りを始める。
釣り竿を上げたり下げたりの簡単な過程の繰り返しであるが、餌の状態、アクション、水深、アタリの把握や適切なアワセなどによって釣果に大きな差が出る。もちろん、最も重要なのは魚の位置を把握する船長のノウハウだ。
近くは霊興島近海から八尾島、昇鳳島、伊作島・・・遠くは德積島まで往来を繰り返す船...
西海の代表的な魚種であるクロソイ、ヒラメ、クジメ、スズキなどがあちこちで釣れ、釣れた人は笑い、釣れなかった人はがっかりする。
釣った魚ををその場で調理して食べる人たち・・・一匹でもたくさん釣ろうと一生懸命準備する人...
船内で慌ただしく過ごす間、いつの間にか時間は経ち、残念だが撤収する時間となった。
みんな次の釣りでよりよい釣況を期待し、船は舳先を変え、港へ向かう。
  • アクセス情報
    • 南港埠頭:仁川広域市 南東区 蘇来路 154番キル77
    • 沿岸埠頭:仁川広域市 中区 港洞7街
    • 萬石埠頭:仁川広域市 東区 萬石洞 2-379