본문 내용 바로가기

観光

  • home
  • 観光
  • 癒しの仁川旅行
癒しの仁川旅行
  • facebook
  • twitter
  • google

子連れにおすすめの

生態体験型公園探訪
子連れにおすすめの五感満足
の生態体験型公園「蘇莱湿地生態公園」と「富平の森・蝶公園」を紹介しよう。
蘇莱(ソレ)湿地生態公園

蘇莱湿地生態公園の入口から中に入ると、潮風の匂いが漂ってくる。公園の道を歩いて行くと、広々とした干潟が豊かな自然の懐で迎えてくれる。 1970年代には韓国最大の天日塩の生産地だった蘇莱塩田が現在の蘇莱湿地生態公園だ。

公園には生態展示館、自然学習場、塩田学習場、干潟体験場、淡水池、潮流観測所がある。
蘇莱湿地生態公園を歩いていると、目の前の開けた風景が心もすっきり軽やかにしてくれる。生態公園の探訪コースは約50分余りかかるが、子どもが思い切り走れるよう安全な道が整えられている。すがすがしい風に当たりながら歩いていると、自然と顔がほころんでくる。

生態公園探訪コース 3.4km

蘇莱湿地生態公園の展示館では、海洋探求自然学習場で観察できる植物や動物を見ることができる。七面鳥、木嶺灰、アッケシソウなど珍しいユニークな名前の塩生植物、マナヅルやアオサギなどの生態公園に訪れる鳥類が実物大で展示されている。直接触ることのできる展示物もあり、子ども達が観覧しながら退屈を感じる暇もない。夏には展示館の前で干潟体験もできて、子どもにも人気満点だ。
展示館を出て少し歩いて行くと、昔の塩倉庫が見える。倉庫の下の部分がはかまのように広がっている塩倉庫の姿から、過去の蘇莱塩田の名声が感じられる。塩の製造過程を見れる野外展示場と塩を直接採取できる体験プログラムもあり、子ども達には生きた学習の場となっている。
憩いの場と続く道、風を包み込む広い湿地には生命の波が揺れている。その波の上に建っている風車の風景は、まるで水彩画のようだ。自然の風の中で子ども達は全身で湿地の生命力を感じて学ぶ。自然を思う存分満喫しながら走り回って遊ぶ子ども達は、風と共に成長するだろう。白い塩のようにキラキラと輝く瞳で夢を追いながら…。

所在地 - 仁川広域市南洞区蘇莱路154番キル77
開園時間:10時~18時
富平の森・仁川蝶公園
富平の森・仁川蝶公園は蝶をテーマにした都心の中の生態学習場だ。昆虫が大好きな子どもたちなら見逃せない必須コースとして人気上昇中。様々な楽しい体験型プログラムが準備されている。

利用料金・観覧料金・駐車料金すべて無料

昆虫の形の大きな造形物があって子ども達が上に乗って遊ぶこともできる。色とりどりのきれいな花が咲き誇る庭を背景にして子ども達の写真を撮る親たちの姿も見られる。

仁川蝶公園は見どころ、遊びどころが盛りだくさん。蝶の生態館の他にも「土の庭園」「野花の園」「湿地園」「音の園」「水生植物園」などがあり、全て見て回りたければ、子どもの手を引いてスピーディーに移動した方がいいかも。
音の公園で楽器を体験したり、昔のわらぶき屋根の家のドアを開けてみたり、子ども達は直接体で感じながら学ぶことができる。体で経験して学んだものは大人になっても覚えているものだ。家族と一緒に過ごした楽しい思い出とともに。

所在地 - 仁川広域市富平区平川路26-47
開園時間:3月~10月 - 9時~18時 / 11月~2月 - 10時~17時