본문 내용 바로가기

観光

  • home
  • 観光
  • 癒しの仁川旅行
癒しの仁川旅行
  • facebook
  • twitter
  • google

仁川の「Old & New」

公園へお出かけ
仁川市には以前から仁川市の人気観光スポットとしてよく知られている「自由公園」と「仁川大公園」、さらに新しく造成され新興観光地として注目を集めている「松島セントラルパーク」と「日の出公園」がある。 天気のいい日にどこへ行こうかお悩みなら、仁川の「Old&New」公園へ出かけてみてはどうだろう。
仁川自由公園 -「老兵は死なず、ただ消え去るのみ(Old soldiers never die; they just fade away.)」 ダグラス・マッカーサー
仁川市の自由公園は、仁川上陸作戦を指揮したマッカーサー将軍の銅像で有名だ。韓国初の西欧式公園で、常に多くの人々が訪れる仁川市の人気スポットだ。石汀楼に上がると、市内の全景と仁川の海が一望できる。春になると桜が美しく咲き乱れ、毎年桜祭りも開かれる。「老兵は死なず、ただ消え去るのみ。」と言ったマッカーサー将軍の言葉のように、自由公園がなくならない限り、これからもずっと仁川市の人気スポットであり続けるだろう。
仁川大公園- 「自然は神の生きた服装である」 カーライル
仁川大公園は大きな森の公園だ。季節ごとに異なった姿で人々を迎えてくれる。春には満開の桜で着飾り、夏には青々とした木の香りが漂う涼しい木陰で休ませてくれる。秋には花嫁の頬紅のように赤く染まった紅葉に衣替えし、冬に雪が降れば白い雪の花を咲かせて子ども達の雪そり場に変身する。「自然は神の生きた服装である」というカーライルの言葉のように、仁川大公園では季節ごとに美しい森の姿を鑑賞できる。
松島セントラルパーク -「沈む日の光が川の水にきらめく姿が同じ日は一日もなく、いつ見ても胸が熱くなる」
アン・ソヨン、『詩人・東柱』より
松島セントラルパークでキラキラと輝く湖の清々しさと緑の芝生に癒される昼のひと時もいいが、夕日が沈んでセントラルパークを取り囲む明りが色とりどりの輝きとなって水面に反射する夜景は、見る人の心に感動を与える。
昼と夜に相反する魅力を持つ松島セントラルパークは、周辺のエキゾチックな建物が昼には洗練された魅力をかもし出し、夜には美しい明りで見る人の心を魅了する。松島セントラルパークの夜景を眺めていると、外国に来たような錯覚陥る。『詩人・東柱』のように、松島セントラルパークで胸が熱くなるような経験をしてみるのはどうだろう。
日の出公園 - 「子どもたちの笑い声に合わせて花のつぼみが次々に開き始める」
『春はどこから先に来るのか』 ホ・ジョンシン
日の出公園には子ども達が走り回って遊べる広い芝生と噴水、そして子ども達の遊び場になってくれる素敵な造形物がある。公園いっぱいに子ども達の明るい笑い声が響き渡り、さわやかさが漂う。春が子ども達の笑い声によって始まるとしたら、日の出公園はいつも春ではないかと思える場所だ。