본문 내용 바로가기

観光

  • home
  • 観光
  • 癒しの仁川旅行
癒しの仁川旅行
  • facebook
  • twitter
  • google

巡礼の道、聖なる場所

仁川に残っている聖地の跡
開港期の仁川は近代の物や文化が入ってくる玄関口であった。海外から宣教師も済物浦港を通じて渡って来た。宣教活動を通じて全国に宗教が伝わったことで仁川は聖なる宗教の巡礼地となり、宗教家の訪問が相次いでいる。
内洞聖公会聖堂
仁川にある内洞聖公会聖堂は韓国で初めて設立された聖公会聖堂である。英国海軍の従軍神父だったコ・ヨハネ主教と韓国で人道主義の医療活動を展開したランディス博士の様子を見ることができる。
内洞聖公会聖堂は外壁は花崗岩で堅固に積み上げた中世風の石造建物であるが、屋根は木造トラスで建てられ、建築学的にも重要な建築物として評価されている。聖堂は1920年にロシア領事館、1904年に聖公会神学院として使われ、その後、聖公会聖堂として使われている。

アクセス情報 - 仁川広域市 中区 開港路 45番キル 21-32
内里教会
内里教会は仁川地域に設立された最初のプロテスタント教会である。米国監理会の開拓宣教師であるアッペンツェラーが1891年11月、内里教会の礼拝堂を築いた。その後、教徒の増加でウェスレー礼拝堂を建てられたが1955年に滅失し、再建されたが1964年に火災によって全焼した。1985年に創立100周年を記念する礼拝堂が完成し、2012年に以前のウェスレー礼拝堂が復元された。
メソジスト教会の信徒は「韓国の母の教会」と呼んでいる。内里教会は牧会の始まりと共に教育を併行し、新しい文物の受け入れに一助した。

アクセス情報 - 仁川広域市 中区 ウヒョン路 67番キル 3-1
沓洞聖堂
沓洞聖堂は、1897年にパリ外邦伝教会所属のコスト神父の設計で始めて建てられ、1937年にシザレ神父の設計で増築された300坪規模のロマネスク様式の煉瓦建物である。韓国の聖堂の中で最も古い西洋式近代建築物のうちの一つだ。前面には三つの鐘塔があり、聖堂の窓はステンドグラスで装飾され壮大で美しい。

アクセス情報 - 仁川広域市 中区 ウヒョン路 50番キル 2
大韓聖公会 江華聖堂
大韓聖公会江華聖堂は江華で初めて韓国人が洗礼を受けたことをきっかけに1900年11月15日に建てられた韓国最初の韓屋聖堂である。設立者は韓国聖公会の招待主教であるジョン・コーフ(John Corfe)だ。大韓聖公会江華聖堂は純粋な韓国風の木造建物で、西洋のバジリカの教会建築の空間構成を成功的に具現した貴重な西洋教会建築の土着化事例として見ている。
1910年代まで江華地域の宣教の中心になり、韓国人としては初めて聖公会の司祭になったキム・ヒジュン神父を輩出した。

アクセス情報 - 仁川広域市 江華郡 官庁キル 22
聖公会江華温水里教会
この教会は1906年、英国人主教であるチョマガが設立した聖堂で、韓国の初期西洋キリスト教の教会様式の建物である。聖堂は正面9間、側面3間の本堂と、正面3間、側面1間の楼閣で形成されている。韓国の伝統的な建築方法を活用し、宗教的な聖堂の建築方法と空間構成を確立した東西折衝式講堂型木造建物である。

アクセス情報 - 仁川広域市 吉祥面 温水里 505-3