본문 내용 바로가기

観光

  • home
  • 観光
  • 隠れたスター、仁川
隠れたスター、仁川
  • facebook
  • twitter
  • google

連合軍の光が照らされた仁川を語る

仁川上陸作戦の足跡を探して
韓国映画『仁川上陸作戦』の人気が高まるに伴い注目を集めている仁川市の観光スポットを紹介しよう また韓国のために生命を捧げた方々に感謝しつつその意義について今一度振り返ってみよう。
八尾島の灯台
仁川港から南西方向へ約15.7km離れた所にある小さな島、八尾島。砂州でつながっている南島と北島が干潮時に海の水が引くと八の字に伸びた尾のような形をしていることから「八尾島」と名付けられた。美しい景観とともに韓国で初めて海を照らした八尾島灯台があるとても意味深い所だ。
韓国映画『仁川上陸作戦』で最も重要なミッションは、「八尾島灯台に明かりをともせ!」という司令官ダグラス・マッカーサーの作戦命令だ。この作戦命令を受けた対北諜報部隊が投入され、生命をかけて灯台の灯りをともす場面に深く感動し、熱い涙が流れた。
八尾島は軍事的な理由で一般人には公開されていなかったが、2009年に公開された。八尾島灯台ツアーは仁川港の沿岸旅客ターミナルから始まる。遊覧船は沿岸波止場と八尾島の間を往復運航しており、片道約1時間ほどかかる。八尾島を行き来する時間を含めて灯台ツアーにかかる時間は2時間30分ほどだ。
八尾島に着くと、文化解説士が灯台と島について詳しく説明してくれる。文化解説士の案内で灯台や島を観光することも、また一人で回ることもできる。船着場から灯台がある頂上まで登る途中には、八尾島灯台の絵と仁川上陸作戦に参加した連合軍が作戦を遂行する姿が描かれた壁画が置かれている。
そこを過ぎると「天女の光」の造形物が現れる。八尾島灯台100周年を記念して建てられたという。
丘の上に上がると2つの灯台があるが、左側の小さい灯台が「元祖」八尾島灯台だ。その灯台の後には新しい灯台が立っている。旧灯台は100年の間海を照らしてきたが、2003年に新しい灯台が造られて任務を引き継いだそうだ。4階の空庭園展望台からは、青々とした雄大で壮厳な西海岸の海を一望できる。
1950年9月15日の夜明け、八尾島灯台の灯火の道案内で連合軍は月尾島に向かうことができた。
仁川上陸作戦当時、最大の激戦地だった「月尾島」
潮の干満差が大きくて上陸することすら困難なため、成功の確率はほとんどないと言われていた「クロマイト作戦」が展開される。月尾島の浜辺の「グリーンビーチ」が1次攻撃地。同日午後ブルービーチ、レッドビーチ上陸が続けられる。
そのため、月尾公園の必見スポットは公園の北にある「グリーンビーチ」遺跡だ。ここは仁川上陸作戦当時、上陸部隊が初めて仁川に上陸した所だ。当時海岸だった所は今では広々とした陸地に変わってしまい、小さな案内標識だけがその日のことを証している。
また、月尾公園の全長2㎞のプロムナードは最高だ。プロムナードのあちこちには「月尾平和の木」が見られる。仁川上陸作戦の過程で月尾島は言葉通り火の海となった。映画でチャン・ハクス(イ・ジョンジェ)とリム・ケジン(イ・ボンス)が最後の対決をした所が「月尾島」だ。
頂上付近にある「月尾展望台」に登ると仁川市内を一望できる。潮の干満差を克服して大型船舶が波止場に接岸できるよう造られた仁川港閘門がすぐ下に見下ろせる。
マッカーサーの銅像がある自由公園
月尾公園から直線距離で1.2㎞、歩いて30分ほど行くと「自由公園」がある。開港当時、仁川市の開発当時から高地帯で涼しい風が吹く自然に恵まれた自由公園には、仁川上陸作戦を指揮したマッカーサー将軍の銅像がある。
マッカーサーは月尾島を見つめていて、まるでその日を回想しているかのようだ。マッカーサーの銅像の他にも仁川学徒義勇隊護国記念塔などがある。一度は訪れたいオススメスポットだ。
仁川上陸作戦記念館
仁川上陸作戦の歴史的事実を保存するとともに、参戦国との協力関係を強化して自由民主守護の教育の場として活用するため建立された仁川上陸作戦記念館。そこには当時の状況を知ることができる様々な資料がある。屋外には当時の装甲車や戦闘機などの大型装備が、屋内には誘導弾などの小規模の武器が展示されている。
米軍首脳部は水路が狭いことと潮の干満差が大きいこと、潮流が速いことなどを理由に「仁川上陸作戦」を反対したが、マッカーサー将軍は同じ理由で仁川を選んだ。将軍自らも「成功率5000分の1の賭博だ」と表現したほど不可能に思えた作戦は、敵の虚を衝いて成功した最も優れた作戦として歴史に残った。
不可能を可能にしたのは、表に現れない大勢の人々の勇気と犠牲ではなかっただろうか?
仁川上陸作戦の成功した仁川市を回りながら彼らの犠牲精神を深く心に刻んでみてはどうだろう。