본문 내용 바로가기

観光

  • home
  • 観光
  • 仁川の島
仁川の島
  • facebook
  • twitter
  • google

海が割れると別の島が見える。

仙才島(ソンジェド)
仙才島は朝鮮時代後期までは小牛島(ソウド)と呼ばれたが、周りの景色がとても美しく、仙女が降りてきて踊りを踊っていた場所という意味で、仙才島と呼ばれるようになった。 その美しさは話題となり、アメリカの放送局CNNが選定した韓国の一番美しい島に選ばれたこともある。
周りには海と島が異国的に調和した絶景がどこまでも広がっており、広大な干潟があるため、一年中、ドライブ族が訪れる人気スポットである。その仙才島の無限な魅力を味わってみよう。
仙才島への訪問を決めたなら、必ずやるべきことがある。それは、一日に2回海が割れる「モーセの奇跡」を目で直接鑑賞することである。仙才島の南側には「木島(モクド)」という無人島がある。引き潮で水が引いてしまうと海が割れ道ができるが、人々はこの道を「モクテミ」と呼ぶ。道がまるで人の首筋に似ているということから、伝わっている名前である。
水が引くとこの木島へ渡り、暫く無人島でロビンソン·クルーソーになってみる、ちょっと変わった経験ができる場所である。一日2回、海が割れて現れる黄金色の砂の上を歩いてみれば、永遠に忘れられない思い出の場所になるだろう。
モーセの奇跡が見られる2番目の島。仙才島から南西側に約1km離れているところにある小さな島「測島(チョクド)」は海の水が透き通り、海の深さを目で測ることができるということから、つけられた地名である。葛(くず)のつるが多いため「葛島(チクド)」とも呼ばれた。
特に、測島に繋がる道には海上送電の線路が設置されているが、満ち潮の時、海の道の傍らに立っている線路と繋がる電線が一風変わった風景を演出している。完全に島だったところは水が引くと海の道ができて、水を含んだツルツルの砂利道が現れる。
測島は海の水が引くと車で移動することもできる。砂利道を渡って、測島に入ると小規模の水産物直販所があり、小奇麗なペンションもある。そのためであろうか、一泊二日のコースで訪れる人も多い。海の道が割れる時だけ入れるため、観光客で込み合わないので、ゆったりとした旅行を楽しむことができる。
どこかへ出かけたい時、最初に思い浮かぶところ!それはやはり海である。 近くていいし、美しい海と共に見るもよし、食べるもよし、楽しみでいっぱいの浪漫あふれる仙才島へ旅に出てみてはどうだろう?