본문 내용 바로가기

観光

  • home
  • 観光
  • 仁川の島
仁川の島
  • facebook
  • twitter
  • google

愛らしいほど小さな砂島、あなたと一緒に歩きたい

伊作島
映画「島の先生」の背景になった場所
バラエティー番組「1泊2日」で紹介され、より有名になった場所
このようにメディアで頻繁に出てくる、美しい風景の島、伊作島の夕日をカメラに収めることにした。
伊作島は大伊作島と小伊作島からなるが、観光地として有名なのは大伊作島である。
昔、海賊が暮らしていたので、「伊賊島」と呼ばれていたが、今は伊作島に変わったという。
船は1日2~4回、比較的に多く運行され、アクセスしやすい。観光をする人は大伊作島、釣りをする人は小伊作島を多く訪れる。

主要観光地
小プルアン海水浴場、大プルアン海水浴場、負兒山吊橋、松栮山、草地、三神ハルミ(おばあさん)薬水、チャンスン公園、「島の先生」のロケ地等

大伊作島の船着場に入ってすぐ見えてくるのは「映画の故郷」という案内である。
「島の先生」で有名になったので、島の広報として多く使われているようだ。
大伊作島はペンションや民宿が非常に多い。ネット検索さえすれば簡単に宿を探すことができ、ほとんどの宿では船着場まで迎えに来てくれる。島が大きくないので、余裕があれば歩いて一周してみるのもおススメ。
小プルアン海岸へ行く通りにあるペンションの風車が伊作島の景色をより一層引き立てる。
小さな村を通り過ぎ丘を超えると、すぐ小プルアン海岸に出る。砂浜が広くはないが、海岸の遊歩道と草地があるので、大プルアン海岸より訪れる人が多い。
小プルアン海岸がらはるか彼方に草地が見える。
ここは引き潮になると3~5時間ほど現われる砂島で、事前に漁船に予約すれば、時間を合わせて連れて行ってくれる。
海の上に砂漠が浮いているような感じで、観光客が多く訪れる。草地の予約は小プルアン海岸の食堂でしており、個人所有の漁船を利用している。
小プルアン海岸の左側に海岸遊歩道がある。デッキの遊歩道は散歩コースだけでなく、韓国で最も古い岩石を見ることができるので、より意味がある。
約25億1千万年前の花崗岩質混成岩で、深い地下の高温の熱によって岩石の一部が溶ける時生成される混成岩で、地下約15~20kmの深さ(約4,000~6,000気圧)の高温(700~750)で生成された。今まで韓国で報告された他の基盤岩の生成時期の約19億年前よりはるかに古い岩石で、韓半島の発達史を研究する際、重要な資料となる。子供の体験学習として訪れることもお勧めする。
海岸遊歩道の端っこで磯釣りを楽しむ人もいる。仁川近海には島が多く、釣りを楽しむ人には様々な場所を提供している。
日が暮れる頃、夕日を鑑賞するために負兒山に登る。負兒山は伊作島の代表的な観光スポットで頂上への道には美しい赤い吊橋がかかっている。
負兒山の頂上では仁川市内や周辺の昇鳳島、小伊作島、砂昇鳳島、德積島、蘇爺島、掘業島等が一目で見渡せる。40分程度で山全体を見て回ることができ、軽いトレッキングコースとしてお勧めできる。
吊橋を通り、負兒山の展望台に着く手前でのろし台を見ることができる。危険をのろしの数で各地域に知らせたというのろし台は韓国あちこちにあるが、ここはは保存状態が良好であることが評価されている。
負兒山の頂上デッキで夕日が見れる。近くの多くの島が一望でき、その景色の中で夕日が鑑賞できる。
夕陽が美しいところなので、多くの人々が訪れる。私たちはそれぞれの思い出を作ってみる。
青春、旅行、自由、島
のんびりと過ごせ、ヒーリングに絶好の島は夕日の中に溶け込んでいて、美しい。
いつの間にか太陽は赤く燃え、周辺の島までも赤く染めている。
毎日、日は暮れるが、どんな場所で誰と一緒にいたかによって、感じが違うだろう。
仁川の数多くの島で夕日を鑑賞したが、それぞれ感じが違い、その島だけの魅力があるので、何度も島を訪れてもいい。