본문 내용 바로가기

観光

  • home
  • 観光
  • 仁川の島
仁川の島
  • facebook
  • twitter
  • google

安心して出かけよう!

日帰りの島旅行
静かに楽しむ島旅行は、都会の人なら誰でも一度は夢見る癒しの旅だ。 果てしなく広がる青い海、胸の奥まで清々しくなる潮風、携帯電話はしばらく切ったまま、自分自身にだけ集中したい時間。しかし、実際に島に出かけることは簡単ではない。船で移動しなければならない島旅行の特性上、天気や時間、または他の理由で躊躇しがちだ。

それでも島旅行の魅力を経験したい人のために、日帰りでも行ける島旅行コースを紹介しよう。時間が足りない忙しい旅行客や船酔いがひどい旅行客、帰りの船が出なかったらと心配になる小心者の旅行客でも安心して行ける。
仁川市中区に属する舞衣島(ムイド)は、陸地からとても近い島だ。 蚕津島(チャムジンド)の船着場から船に乗らなければならないが、5分ほどで着くので船酔いの心配もない。
西海岸の美しい景色が鑑賞できる所として有名だが、周辺の実尾島(シルミド)や小舞衣島(ソムウィド)なども一緒に見られるので島の魅力を十分に満喫できる。

島の外からこの島を見ると、馬に乗った将軍が襟をなびかせながら走る姿に見えたり、踊りを踊る踊り子のように見えることから「舞衣島」と名付けられたが、遠くから見るとたしかにそう見える。

舞衣島で一番大きい干潟、ハナゲ海水浴場
クンムリ船着場からコミュニティバスに乗って15分ほど行った所にある。西海岸の海水浴場であるだけに広々と広がる干潟が自慢だ。入場料(5,000ウォン)を払えば、貝がたくさん捕れるポイントでシオフキ貝のような貝を捕る「潮干狩り」も体験できてとても楽しい。
海水浴場の入口の右側に「愛は戻ってくるんだ!」と叫んだクォン・サンウのセリフで有名なドラマ『天国の階段』のセット場が残っている。また、ジップライン(ZIP-LINE)や4輪バギー(ATV)のようなレジャースポーツも楽しめる。
西海岸のアルプス、虎龍谷山(ホリョンコクサン)と国思峰(ククサボン).
「島に来て、なんで急にトラッキング?」
そんな疑問が沸いたなら、あなたはまだ舞衣島についてよく知らないのでしょう。
舞衣島の南北に広がる虎龍谷山(245.6M)と国思峰(236M)は、登山客に人気の登山コースの一つだ。高くない山だが、ホランバウィ(虎岩)とブチョバウィ(釈迦岩)、マダンバウィ(庭岩)、垂直絶壁などの奇岩怪石が数多くある見どころ満載の山で、美しい風景から「西海岸のアルプス」と呼ばれている。
映画で見た場所「実尾島(シルミド)」
上映されてから10年が過ぎたが、まだ私たちの記憶の中に残っている映画『実尾島』。その背景となった実尾島(シルミド)は、舞衣島とつながっている。クンムリ船着場からコミュニティバスで5分の距離にある実尾遊園地の中にある実尾海水浴場を過ぎると、実尾島に入る道がある。満潮時は道が海に隠れて行き来ができないので、潮時に合わせて計画を立てるようにしよう。
舞衣バダヌリキル
舞衣島の妹の島という意味の「小舞衣島」に移動すると、美しい海の道に出会える。以前は船で移動していたが、歩道橋が造られてからは気軽に行き来できるようになった。
ブチォケケミ(クミ)-モンヨ、海水浴場-モンヨ-ミョンサウィ、浜辺-将軍岩-堂山・安山-西の村・東の村-小舞衣インド橋の計8区間に分かれたコースを回る。所要時間は約2時間。静かな島を旅する妙味を感じられる所、
是非一度訪れてほしい。 長峯島(チャンボンド)
永宗島の三木船着場から約50分の距離にある島。島が眺められる展望台が至る所に設けられ、様々なコースの登山コースやプロムナードがあって楽しい。生い茂った松林と甕岩、ハンドゥル、鎮村海水浴場が有名で、キャンプにも最適な島だ。カニ獲りやあさり狩りなど干潟体験もできる。
龍遊島(ヨンユド)
船に乗らなくても海が見られる島、龍遊島で一番有名な所は「乙旺里海水浴場」だ。平均水深が1.5m程度のゆるやかな傾斜と砂浜が広がり、子連れや家族連れの旅行客にも大人気だ。
その他にもワンサン海岸、マシラン海岸、仙女岩など様々な観光スポットがあって海の旅が満喫できる。