본문 내용 바로가기

仁川探検

  • home
  • 仁川探検
  • グリーン仁川
グリーン仁川
  • facebook
  • twitter
  • google

富平の歴史と自然を抱く

桂陽山トラッキング
富平(プピョン)にある桂陽山(ケヤンサン)の下を回るトゥルレキルコースと頂上まで登る登山コースでは、チョウセンヒメツゲ(朝鮮姫黄楊)、松の木、スズラン、ウワミズザクラ(上溝桜)などが見られる。桂陽山は仁川市で最も生態環境がよく保存されている山である。
ところで、どうして「桂陽山」と呼ばれているのでしょう? 桂陽山の名前の由来には2つの説があるそうだ。一つはこの山に桂樹(カシア)と淮陽木(チュウセンヒメツゲ)が生い茂っているため名付けられたという説と、桂陽山の「桂」が山または高い所を意味する韓国語の「タル」を漢字で書いて記録される過程で付けられたという説である。山も高く桂樹も生い茂っているので、名前の由来はどちらでもいいような気もする。
桂陽山はそれほど高い山ではないが、仁川市で最も多くの登山客が訪れる山だ。そのためかコースも多彩だ。
桂陽山トゥルレキルコース
桂陽山トゥルレキル 全長 7.29km 所要時間 約2時間 桂陽山 - 林鶴五叉路 - ムダンコル水飲み場 - ピ峠 - チンメイ峠 - チソン寺 - 桂陽文化会館 - 桂陽山野外公演場
仁川グリーンネットワーク・トゥルレキル(1コース) 全長 5.39km 所要時間 約1時間30分 桂陽山野外公演場 - 六角亭 - 八角亭 - ハヌジェ峠 - 桂陽山頂上 - チンメイ峠 - チソン寺 - 桂陽文化会館 - 桂陽山野外公演場
仁川グリーンネットワーク・トゥルレキル(2コース) 全長 8.7km 所要時間 約2時間30分 チンメイ峠 - 公村浄水場 - ヨンヒ泉拠点 - 仁川市人材開発院 - トンウ水飲み場 - トンウアパート - カチ公園
それでは~そろそろ桂陽山を登ってみよう!
森の間に造られた石の階段を一歩一歩踏みながら歩いていくといつの間にか八角亭が目の前に現れる。
八角亭まで来ると、仁川の桂陽山の頂上を1.4km残して、復元の真っ最中である桂陽山城の前の地点に至る。
桂陽山城は三国時代からソウルを守る防御線として軍事的に重要な役割を担った文化遺産だそうだ。三国時代に築造したテメ式石城で、主峰ではなく頂上から東に230m先にある小さな峰に築造された。
漢江を取り囲んで熾烈に戦った三国時代、漢江流域にある桂陽山城は高句麗、百済、新羅のどの国にとっても軍事的に非常に重要な所だったはずだ。現在では城壁の大部分が崩れて一部だけが残っている。
仁川の全景が広がっていた。この日は天気が少し曇っていて見えなかったが、ソウルの西側で最も高い山なため、頂上に登れば漢江とその周辺が一望できる。
桂陽山の森の道で出合った名前も知らない植物たちと桂陽山城を後にして下山!健康にいい運動もできて、歴史の勉強もできる魅力満点の登山コースは、もちろんとてもおすすめだ。