본문 내용 바로가기

仁川探検

  • home
  • 仁川探検
  • 仁川の12ヶ月
仁川の12ヶ月
  • facebook
  • twitter
  • google

5月: 幸福と夢が溢れるベースボールピクニック

仁川文鶴野球場「SK幸福ドーリム球場」

仁川でエンターテインメントとして楽しめるスポーツは幾つかあるが、その中でも最も人気なのはプロ野球だろう。
半年近く、毎日試合が開かれる野球シーズン、その6ヶ月間、仁川では「「SKワイバーンズ」が話題に上らない日はない。
仁川で開かれるホームゲームの数は他のプロースポーツとは比較できないくらい多く(サッカーやバレーボールは20試合未満、バスケットボールは30試合未満)、メディアで目にすることが多いので、人々の話題は自然と野球に。

この球場は仁川地下鉄1号線の「文鶴競技場駅」から300mほどの場所にあり、アクセスしやすく、「2002日韓ワールドカップ」が開催された文鶴競技場のすぐ隣にある。
完成前からアメリカ、メジャーリーグの球場並みに素晴らしい球場ができるとファンに期待を抱かせた。
パク・チャンホ, チェ・ヒソプ, ソ・ジェウン,リュ・ヒョンジン等が活躍し、韓国のファンにも馴染みのあるのドジャー・スタジアムをモデルにして設計したそう。しかし、この二つの球場の全景写真を比べるとあまり似ている感じはしない。だが、よく見ると、似ている部分もあり、細かいところに神経が行き届いた球場と言える。
この球場は仁川地下鉄1号線の「文鶴競技場駅」から300mほどの場所にあり、アクセスしやすく、「2002日韓ワールドカップ」が開催された文鶴競技場のすぐ隣にある。
完成前からアメリカ、メジャーリーグの球場並みに素晴らしい球場ができるとファンに期待を抱かせた。
パク・チャンホ, チェ・ヒソプ, ソ・ジェウン,リュ・ヒョンジン等が活躍し、韓国のファンにも馴染みのあるのドジャー・スタジアムをモデルにして設計したそう。しかし、この二つの球場の全景写真を比べるとあまり似ている感じはしない。だが、よく見ると、似ている部分もあり、細かいところに神経が行き届いた球場と言える。
2002年3月に開場し、SKワイバーンズのホーム球場として使われ始めた文鶴野球場は2010年以降建てられた広州KIAチャンピオンズフィールド, 大邱三星ライオンズパーク, ソウル高尺スカイドームの登場まで最高のインフラを備えた所として評価された。ソウル蚕室野球場は釜山社稷野球場等、ほとんどのプロ野球の球場が1980年代に建設されたのとは異なり、2000年代の初めに建設され、時期的に韓国プロ野球の使用スタジアムの中では中間の位置にある。開場後15年でプロ野球のオールスター戦が3度(2002年、2005年、2008年)も開かれるなど、韓国有数の球場と言える。
  • 仁川文鶴野球場「SK幸福ドーリム球場」
    • 球団: SKワイバーンズ
    • 住所: 仁川広域市 南区 買召忽路 618(文鶴洞)
    • アクセス: 仁川地下鉄1号線 文鶴競技場駅から徒歩5分
    • 収容人数: 約26,000人
    • 開場: 2002年3月
開場直後、数年間は観客席3万席以上だったが、その後、外野席一部を、多くのスペースを占める内野のテーブル指定席の座席数とし、全座席数は約2万6,000席となった。座席数は少し減ったが、より広くリラックスして試合を楽しめるので、様々な面で経済的で効率的な選択をしたと言える。この改修でより個性的な球場になり、多くの野球ファンの注目を集めるようになった。
前述したように文鶴野球場には様々な特徴があるが、その一つを挙げると、韓国で初めて外野にブルペンが設置された球場として有名である。
また、観客席には特色ある様々なゾーン(zone)と座席があり、球場に訪れるお客さんが楽しめるようになっている。
最も人気があるのは、ホームプレートから非常に近い所で試合を楽しめる特別席「ライブゾーン」。この席のシートはプレミアム映画館並みの高級感だ。 それから、外野席のスポーツパブテラス「ハイトクラブ」、球場全体を眺望できる「ワイドゾーン」。ここは隠れた人気スポットだ。
とはいえ、何より文鶴野球場を象徴する観客席は外野左にあるグリーンゾーンである。
芝生が植えられており、特に子連れのお客様は大喜び。ここでは固い観客席で3時間近く野球を見ることから解放される。まるで家族で遠足に行くようにレジャーシートを敷いて、お菓子を食べながら野球を観戦する姿はホント楽しそう。
野球がよく分からない幼児も広い芝生の上で心行くまで遊べる。皆を満足させる「魔法の場所」である。センターフェンスの裏に小さな森もあり、まさに環境にやさしい球場である。
その上、2016年のシーズンを控え、文鶴野球場にはもの凄い「ビックボード」が加わった。 世界最高水準の規模と性能を備えた電光掲示板「ビックボード」を設置したこと。
70億ウォン以上かかった「ビックボード」は横およそ63m、縦およそ18mに達する超ビッグサイズ。バスケットコート3面ほどのサイズにの巨大なスクリーンは、まるで大きな映画館のようだ。 昨年までは世界一のサイズの電光掲示板は、シアトル(セーフコ・フィールド)にあったが、今年、仁川がその記録を超えた。
仁川、すごい!^^ ビックボードという名前は「勝利(victory)を願う大きい(big)電光掲示板」という意味が盛り込まれている。
電光掲示板の上の部分は仁川空港、仁川港、仁川大橋をデザイン化したもので、国際都市仁川の象徴だ。
野球というスポーツ自体に興味がない人も、球場に一度も行ったことのない旅行者も心配する必要はない。文鶴野球場の周辺には見物できる場所が多くあるので、ナイトゲームの前の時間や、昼の試合が終わる夕方の時間に旅行を楽しめるだろう。 2Kmほど離れている文鶴山や乗鶴山に登り、きれいな空気を吸うことも、仁川郷校や都護府庁舎の静かな雰囲気の中で綺麗な写真を撮ってみてもいい。 周辺には大小の公園も多くあり、球場からあまり離れていない九月洞ロデオ通りには評判のレストランや商業施設が多数あるので、初めての野球観戦が思ったより楽しくなかったとしてもいくらでも楽しめる。
  • Tip 1.

    子供と一緒に文鶴野球場を楽しむtip
    仁川SK幸福ドーリム球場(野球場)内、子供と一緒のお出かけスポット、ワイバーンズランド
    キッズ体験ゾーン、ワイバーンズキッズゾーン(「ポインルーム」「ゾンビダム(Zombie Dumb)ルーム」、「ワンダーボールズルーム」(以上韓国の人気キャラクター)、キッズスペース)