본문 내용 바로가기

仁川探検

  • home
  • 仁川探検
  • 仁川の12ヶ月
仁川の12ヶ月
  • facebook
  • twitter
  • google

4月:知る人ぞ知る

桜の仁川
“今年こそ絶対お花見に行くぞ~”
首都圏の代表的なお花見スポットと言えば汝矣島(ヨイド)の輪中路(ユンジュンロ)だが、花を見に来たのか、人を見に来たのかわからない…。 それなら近くの仁川にお花見に行こう!
仁川大公園
樹齢40年以上の桜の木が1.5kmにわたって立ち並び絶景をなす「仁川大公園」の桜並木がおすすめだ。
「仁川大公園」は家族と一緒に楽しむのに最適な仁川市内にある公園で、仁川市の市民の間ではすでに最高のお花見スポットとして大人気!片端に敷物を敷いておいしい手作り弁当を食べながら、桃色の桜を鑑賞しよう。夜にはライトアップされた美しい夜桜が見られる。 また、「仁川大公園」から長寿川(チャンスチョン)に沿って万寿洞(マンジュドン)にいたるまで、桜とレンギョウの花がきれいに咲いている道路がある。ここは人が少ないのでゆっくり花見が楽しめる。
自由公園
「自由公園」はデートコースとして有名だが、お花見にもおすすめの場所だ。
「自由公園」の桜並木は他の地域より開花時期が遅く、4月末頃が満開。 ソウルでお花見の時期を逃したのなら、「自由公園」の桜並木に足を運ぼう。 西海岸の海を抱く「自由公園」で幻想的な桜のトンネルを鑑賞してみよう。
寿鳳公園
時代の流れと共に多くのものが変化して、今では幼い頃の思い出としてのみ残っている「寿鳳(スボン)公園」。しかし、今も変わらないものがある。空が見えないほど花が満開する桜の木がそれだ。「寿鳳公園」でご家族や友達、または恋人同士で、ロマンチックな桜の森の道を歩いてみよう。
虎口浦路
仁川市が選定した最も美しい花の道の一つである「虎口浦(ホグポ)路」。
ここは4kmにわたる道の両脇に桜だけでなく、ニシキギやレンギョウなどの様々な木や花が鑑賞できる選りすぐりの美しい道だ。愛する恋人と一緒に「虎口浦」の花の道を歩いて美しい思い出を作ろう。
SK仁川石油化学
一年の中で一週間だけ開放される仁川市の市民でさえよく知らない「SK仁川石油化学」の桜の園。
仁川市で最も大きい桜群落地である「SK桜の園」の開放時期は、桜が散る最後の週。そのため、仁川市最高の桜のエンディングエリアとも言われている。桜の園は工場内にあるため、施設を背景とした写真撮影は禁止されている。外部からの食べ物の持ち込みも禁止、ペットの同伴も制限されているという。いくつかの注意事項さえ気をつければ、思わず歓声があがる素敵な桜を思う存分見物できる。 これからは仁川市のお花見スポットで桜祭りを楽しもう!