본문 내용 바로가기

仁川探検

  • home
  • 仁川探検
  • 一味違う、仁川の街
一味違う、仁川の街
  • facebook
  • twitter
  • google

ユニークな建物

松島(ソンド)で出会う建築美
干潟を埋め立てて整地して都市に生まれ変わった松島で建築物が持っている美しさに遭遇すること!
松島ならではの経験ではないか。
コンベンシアからスタートし、韓国初の海水公園であるセントラルパークを中心に広がる建築美の饗宴!
散歩だけで世界的な「建築美」の享有ができる。
太白山脈の稜線に似ている韓国のオペラハウス「松島コンベンシア」
松島コンベンシアはシドニーのオペラハウスを思い浮かばせるユニークな外観が印象に残る建築物である。しかし、上から見ると太白山脈の稜線を連想させる韓国の美しさと見事さが感じられるデザインである。世界的な設計会社のKPF(Kohn Pederson Fox Architects)とバウム スタイルアーキテクト(BAUM architects) の革新的な設計に基づいて建てられた空間で、韓国の美しさを探すため、ヘリコプターを用いて全国を探した結果、太白山脈の稜線を発見し、数回にわたるデザインの変更により、勢い良く美しい太白山脈のイメージをそのまま投影したものである。

松島コンベンシアはアジア最大規模の柱のない一番高くて広い展示空間として有名だ。
国内建築の中で柱なしに設計された天井の高さが32m、長さ144mもある。最も長い「地点間隔(144m)」により無限なコンベンションの演出ができる空間である。2008年仁川広域市建築賞を受賞し、「第4回韓国土木・建築技術大賞」建築部門において総合大賞にも選定された。

仁川広域市 延寿区(ヨンスグ) セントラル路 123(松島洞 6ー1)
仁川地下鉄1号線 仁川大入口駅(松島コンベンシア)徒歩10分

デコボコの自然に似ている松島トライボール(TRI-BOWL)
トライボールを設計した建築家は「自然はデコボコ」しており、その稜線の山を引っくり返すと今の様子ではないだろうかと思って設計したという。異なる大きさと曲線でできているため、見る方向によって異なる表情を演出するトライボール!人工の物でなく、まるで生物のようだ。
普通の家や建築物は下が広く、上に行くにつれだんだん狭くなるように設計するのが常識である。ところが、松島にはその常識を破る空間がある。それが三つの器の形をしている「トライボール」である。
2010年に開かれた仁川都市祝典記念館として建築されたトライボールは下から上に上がるほど広くなる「易shell工法」で建てられた世界初の建築物である。
三角構図で3つのボールがあり、その上部が一つに繋がって一つの構造体を形成している。天井を除いた面が流麗な3次元曲線になっているため、その曲線に沿って見ていると、いつの間にか建物の全体が見られるようになる。また、その下にある長方形の水鏡は構造物の様子と共に美しい周りの景色を写し込んでいて、独特な雰囲気を醸し出している。観覧客は長いブリッジを渡って、3つのボールの下を通って中に入るようになっている。2010年韓国建築文化の社会公共部門において大賞を受賞したほど、その建築的価値が認められている。
現在、仁川市民のための複合文化空間として生まれ変わり、ユニークな公演場や夜景が美しい名所として愛されている。

仁川広域市 延寿区(ヨンスグ) 仁川タワー大路 250(松島洞 24ー6)
仁川地下鉄1号線 セントラルパーク駅(ポスコ建設)4番出口
世界に向かう3つの都市を盛り込む。Gタワー
セントラルパークの先に位置しているGタワーは建築の設計の際、「3」と「三角形」という要素が重要なポイントであったという。その意味は仁川経済自由区域である松島(ソンド)、青羅(チョンラ)、永宗(ヨンジョン)の3つの地域を象徴する三角形の形に集め、世界に向かっている様子を表している。33階全てが異なる平面設計が行われ、多様性と実用性を極大に活かした空間である。
6階に達する4つのアトリウムと深さ25mの逆傾斜の空の庭は果敢で独創的な要素で、この建物の一番特徴的な空間である。タワー楝正面の斜線の造形は簡潔でダイナミックな様子を見せている。また、アトリウムは建築物の核心的な空間で、環境にやさしい要素であり、建物の断熱性も高いという。

仁川経済庁やアジアで初めて誘致した緑の気候基金(GCF)、グローバル・グリーン成長研究所(GGGI)などの国際機関の事務局も入居している。Gタワーは外観から、単純でありながらも力強いイメージで人々の視線を引きつけている。全体的に直方体の形となっているが、建物の一番下層部と上層部、そして、一部は三角形の形にして変化を加えた。
仁川広域市 延寿区 アートセンター大路 175(松島洞)
仁川地下鉄1号線 セントラルパーク駅(ポスと建設)4番出口から約300m直進