본문 내용 바로가기

仁川探検

  • home
  • 仁川探検
  • 仁川の12ヶ月
仁川の12ヶ月
  • facebook
  • twitter
  • google

10月:赤く染まった仁川

思い出に浸る秋
真冬の厳しい寒さが過ぎれば、暖かい春がやってきて、暑い夏を耐え忍べば、ようやく濃厚な秋が訪れる。歳月が過ぎるにつれてどんどん短く感じるのが春と秋だ。残念な気持ちを否めないが、それだけにその美しさが大切に思える季節でもある。

山も野原も色付く秋の紅葉、黄金色に通りを染めるイチョウの木、春の花のように華やかではないが、どんな絵の具を使っても真似ることのできない秋の色だ。今、色とりどりに染まる秋を思う存分満喫したい方に、ぶらりとお出かけに最適な仁川市の秋のスポットを紹介しよう。

桂陽山(ケヤンサン)
桂陽山は江華島を除いた仁川市の中で一番高い山(海抜395m)で、仁川市を代表する山だ。山の名は桂樹(カシア)と淮陽木(チュウセンヒメツゲ)が生い茂る山という意味から名付けられ、景色が美しい山としても有名だ。
ハイキングコースに沿って歩いて行くと、もみじの木やイチョウの木をはじめシベリアノギク、ヤマラッキョウなどの美しい花々に出会える。その美しさに見惚れて、時々ある急な坂も気にならない。
もっと気楽に秋を楽しみたいなら、森林浴場に行ってみよう。フィトンチッドがいっばいのプロムナードはもちろん、バラや菊などのきれいな花々が咲き乱れるローズ園でも秋が満喫できる。
仁川広域市桂陽区景明大路955番キル17
普門寺
南海の菩提庵(ポリアム)、洛山寺の紅蓮庵(ホンリョンアム)と共に韓国の3大観音道場として知られている普門寺(ポムンサ)。洛伽山の麓にあり、登る道が多少険しいが、それだけに美しい景観を誇る所でもある。赤く染まった紅葉と奥ゆかしい建物の調和は、水彩画にも勝る美しさである。その中でも最も美しいのが、約500の階段を上がった所にある磨崖石仏座像だ。運動不足の人は足が震えるかも知れないが、そこから見下ろす秋の風景は、そんなことも忘れてしまうほど美しい。(一生のうち一つの願いは叶えてくれるというので、一生懸命上ってみよう。)
仁川広域市江華郡三山面煤音里629
席毛島自然休養林
席毛島(ソクモド)の上峰山の麓にある自然休養林で、山と海の魅力を同時に満喫できる所だ。秋には色とりどりに染まった紅葉に飾られた山と黄金色の野原と広々とした海が満喫でき、その魅力が倍増する。初心者でも歩きやすいプロムナードから、山を楽しむ人々のための登山コースまで3つのコースがあり、それぞれの好みで秋を楽しめる。

どうせなら早朝よりは日の暮れる頃に出かけて、美しい夕焼けを鑑賞するのをおすすめしたい。休養林内では宿泊もできるので、ここで一日を過ごすのも特別な思い出になりそうだ。
仁川広域市江華郡三山面三山西路39-75
仁川大公園
仁川市民の永遠の憩い場である「仁川大公園」は、湖と山が調和した環境にやさしい生態公園としてすでに有名な所だ。家族連れのピクニックやカップルのデートコース、子ども達の遠足の場所としても人気満点。季節ごとにそれぞれの魅力がある。
ここの人気スポットは、野生の花団地として造成された「そばの花畑」。緑の葉の上に白い雪が薄く積もったように咲き誇るそばの花畑。まるで白い波のような壮観な風景だ。紅葉は見飽きたという人、素敵な写真が撮りたい人におすすめのスポット。
仁川広域市南洞区ムネミ路236
自由公園
自由公園は韓国初の近代式公園で、造成当初から仁川市を代表する人気スポットである。チャイナタウンの裏手にある鷹鳳山(ウンボンサン)一帯に位置し、仁川港と月尾島(ウォルミド)が一望できて市民たちに親しまれている所でもある。
春には桜が咲き乱れて花見スポットとしても有名だが、秋には生い茂った森が色とりどりに染まり、桜に負けず劣らず美しい紅葉が満喫できる。(Tip. 昼よりもっと美しい夜景もお見逃しなく!)
仁川広域市中区自由公園南路25