본문 내용 바로가기

お食事

  • home
  • お食事
  • フードストーリー
フードストーリー
  • facebook
  • twitter
  • google

仁川に行ったら必ず寄るべき

仁川のグルメスポット

仁川市は鶏肉の辛味揚げ、辛だれ太麺、冷麺などで全国的に有名な都市だ。
その中から仁川市民おすすめのグルメスポットを紹介しよう。

チョンシルホンシル
「チョンシルホンシル」は仁川市における蕎麦の歴史と言っても過言ではない「レジェンド」と呼ばれる店だ。1979年に仁川市新生洞で5つのテーブルがある小さな店から始めた「チョンシルホンシル」は、今では「仁川で一番客が多い蕎麦屋」と言われるほど仁川市の人気グルメスポットになった。
ざるそば、そばうどん、餃子などを昔のような低価格で売っている。香ばしいそばの香りの大盛りのざるそばは、いわし・昆布・アサリなどの海産物のスープを熟成させ、しょうがを煎じた水を混ぜて作っているという。その真心が口の中いっぱいに感じられる。
もう一つの人気メニューは餃子! 中身が見えるほど薄い皮で豚肉やニラなどを混ぜた材料を包んだ餃子は、濃厚な香りとピリッとした辛味が魅力的だ。ここでは、そばと餃子を一緒に食べるのがおいしく食べるコツだ。
プアムカルビ
仁川広域市南洞区龍泉路にある「プアムカルビ」は、仁川市民なら誰でも知っている40年の伝統を誇る豚カルビの店。他の店では味わえない柔らかジューシーな食感の豚カルビは絶品で、豚カルビ本来の味が味わえる。
ここでは注文と同時にオーナー夫婦がテーブルまで来て肉を焼いてくれる。
いくら良質の肉でも焼き方によって肉汁が抜けたり焦げたりしておいしくなくなるからだそうだ。
特に自家製カラシナキムチと唐辛子の漬物は絶品。そして肉を食べ終わる頃に出てくるタチウオ内臓塩辛チャーハンと卵料理も人気だ。
イファチャプサルスンデ
寒い冬の街を歩いていると温かいスープが飲みたくなる。その中でも濃厚なスープとスンデが調和した「豚の腸詰めクッパ」は多くの人々に親しまれている人気のメニューだ。
仁川市でタクシーに乗って「仁川で一番おいしい豚の腸詰めクッパのお店に行ってください」と言えば、ほとんどのタクシーが万寿洞の「イファチャプサルスンデ」に案内するほど、仁川市では豚の腸詰め料理で評判の店だ。
注文して数分後に出てくる豚の腸詰めは、もち米と豚の腸詰めがぎっしり詰まっていて香ばしい味が絶品。クッパは他の店と違ってスープとご飯を一緒に煮込んで味付けまでしてある「本物の豚の腸詰めクッパ」である。
特に「豚の腸詰めスープ」特有の臭みがないため、豚の腸詰めスープが苦手な人もおいしく食べられる。温かい豚の腸詰めクッパで凍った体を溶かせば、心までホッと温まる。