본문 내용 바로가기

お食事

  • home
  • お食事
  • フードストーリー
フードストーリー
  • facebook
  • twitter
  • google

仁川で楽しむ

世界の味!
韓国を訪れる外国人観光客の増加に伴い、仁川国際空港がある仁川市を旅行する外国人観光客の数も増えている。
仁川市のあちこちを旅行してお腹がすいた観光客に満足してもらえる料理は何だろう?
韓国料理が好きな観光客もいるが、仁川市で故郷の味が味わいたい観光客もいるはずだ。
それで「仁川で楽しむ世界の味!」を準備した。
インドは多民族国家なうえ、中東と西洋文化の影響を受けて料理も多様多彩で色と味、質感が独特だ。
どんな料理にも香辛料を使って特有の香りと味を楽しむ。

富平にあるインド・ネパール料理専門店「ガネーシャ」は、インド人が直接運営しているインド料理専門店だ。インド人だからといって心配することはない。韓国語はとても流暢だ。「ガネーシャ」とはインドの神話に出てくる知恵と幸運の神様という意味で、訪れる全ての人たちに知恵と幸運を分け与えたいというオーナーの願いが込められた名だ。 店内にはエキゾチックな雰囲気が濃厚に漂い、置かれた小物やインドの写真などが独特なインテリアの役割をして、まるでインドに来たような錯覚を覚えさせてくれる。
「ガネーシャ」では、タンドリーチキン(Tandoori Chicken)、カレー、ビリヤニ(Biryani)など様々なインド料理が味わえる。メニューには一つ一つの料理に関する説明が書かれていて、インド料理をよく知らない人たちに対するオーナーの温かい思いやりが感じられる。特に香辛料に不慣れな人でも食べられるよう味が抑えてあるので、誰でもおいしく食べられる。
「ガネーシャ」の人気メニューは、断然タンドリーチキンとカレー。インド生まれの「チヌニム」と呼ばれるタンドリーチキンは、香辛料を混ぜたヨーグルトに漬けた鶏肉を長い串に刺してタンドール(炭火焼き用の土釜)で焼いたインド料理で、主にナン(naan)やチャパティ(Chapat)のようなパンに包んで食べる。「ガネーシャ」のタンドリーチキンはやわらかくて食べやすい。そして一般のカレーとは違ってインドカレーとはインドの香辛料を入れて作った料理を総称する言葉。「ガネーシャ」にもチキン、野菜、羊の肉、海産物カレーなど様々なカレー料理があるので、好みに合わせて選んで食べられる。
    • アドレス : 仁川広域市 부평구 부평문화로 70-1 2층
    • 問い合わせ : 032-515-1532
韓国だけでなく、世界的に人気の中華料理。中国は歴史が長いだけ様々な料理を開発・発展させ、現在世界的な料理としてその地位を確立している。
仁川の鵲田洞には、華僑のオーナーにより中国本場の味が味わえる中華料理店「金門都(クムンド)」がある。店内に入ると聞こえるクラシックな中国の音楽、そして中華風のインテリアからは深い歴史が感じられる。実際「金門都」は30年余りの歴史を誇るレストランだ。ここでは何と言っても濃厚なスープのちゃんぽんがおすすめ。真っ赤なスープで有名なピリ辛ちゃんぽん、なまこやイカ、エビなどの海産物やきのこ、竹の子などの野菜がたっぷり入った海鮮ちゃんぽんが最高の人気メニューだ。
    • アドレス : 仁川広域市 桂陽区鵲田洞416-5
    • 問い合わせ : 032-544-6665
メキシコの食文化は、アメリカの原住民とスペインの食文化が合わさって発展した。また暑い天気のように独特で刺激的な味が特徴だ。唐辛子ととうもろこしが代表的な食材で、特に唐辛子は200種類を超え、チリペッパーは韓国の青陽唐辛子の約20倍の辛さで、食べて死んだ人もいるという話があるほどだ。
鵲田洞にあるこじんまりと落ち着いた雰囲気の「ロイステーブル」は、メキシコ独自の辛くて独特な味をよく表現していることで人気のお店だ。かわいい小物を見ていると料理が出てくるまでの時間も退屈しないくらいに様々なインテリアや小物が飾られている。ユニークで楽しいメキシコの雰囲気に浸りながらメキシコ料理を楽しく味わえる。また、外国人観光客のための英語メニューも用意されている。メキシコ料理は手で食べるので、テーブルの片方には手を洗う水が入ったボールが置かれている。 「ロイステーブル」では、メインメニューのタコス(tacos)、ブリート(burrito)、ケサディーヤ(Quesadilla)が一番人気だ。韓国人だけでなく、外国人観光客の好みに合わせた牛肉、きのこ、鶏肉、エビ、豆など様々な材料が用意されている。
タイ料理は、世界六大料理の一つとして挙げられる料理だ。香ばしさと辛さと酸味が調和して、暑さに負けない力が得られる料理だ。最近タイ料理が人気料理として注目を浴びているが、その理由は素晴らしい味だけでなく、料理を芸術として表現し、目・鼻・口で味わう料理だからだ。このように世界中の人々に人気のタイ料理を、東仁川新浦洞にある「タカイタイ」では本場の味がそのまま楽しめるという。
    • アドレス : 仁川広域市 桂陽区鵲田瑞雲洞
「タカイタイ」では、タイ人のシェフが直接料理している。この店の献立には、「初めて食べる人も、タイの住民も、どんなメニューを選んでも、バンコクへ行かなくても、おいしく食べられる」と書かれている。これを見るだけでも料理に対するプライドと自信が感じられ、安心して食べることができる。献立からはまた別のユニークさが際立っている。料理ごとに味を表記してあるのだ。「甘辛、旨味、辛香、酸塩甘辛」など初めて食べる料理も味の説明を見て想像できるので、メニューを選ぶ時にとても役立つ。この店では、ココナッツミルクとグリーンカレーペーストに様々な野菜を入れたグリーンカレーと世界三大スープであるトムヤムクンが特に人気だ。
仁川では伝統的な韓国料理を楽しむこともできるが、世界各国から来る外国人観光客も満足でき、本場の味が味わえるレストランを巡るのもまた魅力的だ。
    • アドレス : 仁川広域市 中区ウヒョンロ35番地24-3
    • 問い合わせ : 032-765-5576